イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20150707.jpg
 先週土曜にオルヴィエートを訪ねたときは、崖下周遊トレッキングコースを歩く前に、

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19334606.jpg
Ristorante Giapponese Nihori, Orvieto (TR), Umbria 15/10/2022

もちろんいつもの日本料理店で、昼食を食べました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19372065.jpg

 今回は夫がマンネリから脱却して、前菜として、いつも頼むギョウザの代わりに、samurai sticksなるものを注文しました。奥に見える一皿がそれで、店の昼食メニューを見ると、どうやらエビの揚げ春巻きであるようです。添えてあるソースは辛口で、夫はおいしいと気に入っていたようです。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19421895.jpg
Orvieto (TR), Umbria

 さて、この日もいつものようにアルボルノス城塞の前を通り、ソリアーナ門をくぐって、崖下周遊トレッキングコース(Anello della Rupe)へと下っていったのですが、最近になって、城塞前にこちらの観光案内看板が立っていることに気づきました。

 この看板の地図には、崖下周遊トレッキングコースが、紫色で示されています。
食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19515294.jpg

 ソリアーナ門(Porta Soliana)に向かって、城壁に沿って歩くと、左手には遠くの緑の丘や山まで見晴らすことができます。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19540774.jpg

 コースを半周して、崖の西面の下にあるマッジョーレ門(Porta Maggiore)の前までやって来ました。この門から中心街に入ると、中世の建造物が多く残る地区があって、崖のすぐ上からの眺めもすばらしいのですが、この日はまずは一周しようと、門の前を通り過ぎました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19580711.jpg

 崖の北面の下を歩くと、すでに日かげとなっている場所が多く、雨が降ってまもないのか、地面や岩が湿っていました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_19593563.jpg

 車道を渡って階段を下ろうと前方を見ると、午前3時20分ではあったのですが、影がもうかなり長く伸びています。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20002718.jpg

 ヨウシュヤマゴボウの花がかわいらしいなあと、ちょうどいい高さにあって日の当たり具合もいい花や実が見つかると、足を止めて撮影しました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20021054.jpg

 ソリアーナ門から中心街へと入る前に、夫に電話して、大聖堂前で待ち合わせをしました。一番の近道ではないかと思われる道を進み、、趣のある家の間を、大聖堂が見える方へと歩いていきます。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20042334.jpg

 大聖堂に着くと、観光客が大勢います。夫と会って、この日特別参観できるというお屋敷を訪ねようかとも話し合ったのですが、観光案内所に行って尋ねたりしているうちに、残念ながら、訪問可能な時間が過ぎてしまいました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20074845.jpg

 わたしが薬草専門店に寄って買い物をしたかったために、少し遠回りをして、目抜き通りを通って駐車場へと向かったのですが、歩く途中で右手を見やると、郵便局と夫が時々立ち寄るパン屋の向こうに大聖堂が見えたので、パン屋の前を通る近道を歩いていても、薬草専門店には行くことができたことが分かりました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20110787.jpg

 ショーウィンドウを見て、この豚さんたちの置き物が独特でかわいらしいと思い、夫の返事で初めて、



シエナ地方の名高い豚、チンタ・セネーゼ(cinta senese)であることが分かりました。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20150707.jpg

 この日はたくさん歩いた上、久しぶりだからと、おいしいジェラート屋、Gelateria artigianale La Musaの前を通りかかったとき、夫といっしょにわたしもジェラート(gelato)を食べました。イチゴ(fragola)風味はなかったので、代わりに森の果実(frutti di bosco)の風味のジェラートを、ストラッチャテッラ(stracciatella)と呼ばれるチョコチップ入りの生クリームのジェラートと共に選びました。とてもおいしかったです。

食欲の秋 運動の秋を オルヴィエートで_f0234936_20234122.jpg

 オルヴィエートからペルージャに帰るときは、テベレ川とそのダム湖であるコルバーラ湖沿いに、カーブの多い道を進んでいきます。土曜は、薪用と思われる木材を山積みしたトラックが前を走っていたため、しばらくは道をゆっくりゆっくりと進むことになりましたが、おかげで風景もじっくり楽しむことができました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:9月14日は食いしん坊の日
Commented by uto2317 at 2022-10-19 21:44
 豚ちゃんの焼き物の像、可愛いですね!
 シエナ地方の有名のものなんですか。
 シエナは昔、西洋建築史の講義で教授がシエナの建築の
スライドを見せてくれて、建築好きには憧れの場所でした。
 直子さんのブログで思いがけず度々見る事ができてとても嬉しいです。

 相変わらず、ジェラート美味しそうですね〜^_^
Commented by bondgirl333 at 2022-10-19 22:12
サーモンのお寿司美味しいですよね^_^

私もなおこさん同様に、今夜はサーモンにしました。
刺身用なのですが、少し焼いて食べました。
日本のスーパーやデパ地下で販売しているサーモンより、そちらイタリアのサーモンの方が美味しそうです^_^
Commented by milletti_naoko at 2022-10-19 22:32
うと十三さん、有名なのは肉がおいしいという豚さん、チンタ・セネーゼで、焼き物は味があっていいなあと思いました。

シエナ地方は時々訪ねるのですが、シエナはいつかまた再訪したいなあと思いつつ通り過ぎています。授業にシエナの建造物のスライドをしばしば使っていた先生がいらっしゃるんですね! 社会人向けに授業が年に3か月と集中して行われる大学院にシエナで通ったので、数か月暮らし、夫としばしば散歩もしたのですが、そのときはちょうど旅行でカメラをなくしたあとだったり、結婚祝いにもらったカメラも夫が持つことが多かったりしたために、あまり写真がない上に、みごとな大聖堂が、わたしが滞在している間じゅう再建中で見られなかったこともあり、いつかまたぜひ訪ねてみたいと思っています。

ジェラート、とってもおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2022-10-19 22:34
bondigirl333さん、サーモンはお寿司も焼いてもおいしいですよね。手軽に手に入る日本がうらやましいです。

イタリアでは刺身や寿司というと鮭が多いのですが、わたしはちょうど鮭が好きで、その新鮮な寿司や刺身が食べられる店が、家から車で1時間余りのところにあるのが、ありがたいです♪
Commented by harupita at 2022-10-19 23:01
こんばんは💗

サーモンはもちろんですが
samurai sticksもいいな~
すごく美味しそう。揚げ春巻き美味しいですよね。

影が長くなりなお子さんの
シルエットも楽しいですね。

 ヨウシュヤマゴボウの花。こうやってじっくり見ると
愛らしいですね。

豚さんの置物、確かに可愛いですね。シエナ地方の名高い豚、チンタ・セネーゼなのですね。

ジェラートもいいな~💗💛

本場のジェラート格別ですね(^_-)-☆葉流
Commented by meife-no-shiawase at 2022-10-19 23:23
お寿司の前菜に召し上がったサムライスティック♪
エビの揚げ春巻きなんて美味しそう。
なんでサムライなんでしょうね!。
刀に見せてるのかな・・・笑。

道がすごいです。迫ってくる岩がすごいです!!!

このシマシマのブタちゃんの横断、覚えていますー。
確かに1頭目は猪に見えますもんね。
でも何度見ても可愛いブタちゃん。
Commented by milletti_naoko at 2022-10-20 00:10
葉流さん、こんにちは♪

夫はメニューの名前と写真を見て選んだようですが、サムライ・スティックという名前がおもしろいなあと思いました♪ 揚げ春巻き、おいしいですよね。

こんなに影が長いとはと、おもしろかったです。この階段の先は長い下りが続いたあとに長い登りがあるからか、わたしの先を行っていた二人は、この階段の手前の車道に行かずに引き返していました。

ヨウシュヤマゴボウ、女の子用のおもちゃの飾りのようなかわいらしい色と形だなあと、見るたびに思います。この置き物、まんまるに作り上げても、耳や鼻の形でちゃんと豚だと分かって、愛嬌がありますよね。

ジェラート、久しぶりに食べたためもあってか、とびきりおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2022-10-20 00:18
メイフェさん、揚げ春巻きっておいしいですよね。最近はコレステロールと脂肪がと避けていたのですが、野菜の春巻きの前菜、次回はまた久しぶりに食べてみようかと思いました♪ サムライスティックはやはり刀に見立てているのでしょうね。言われてみると、確かにそんなふうに見えますもの。

そうなんです。この辺りは下方に古代エトルリアの墳墓群こそあるものの、今はあまり花も咲いていないので、逆に岩肌の迫力が目に迫ってきました!

豚さんたちがいきなり夫の前を横切るのを見たときは驚きました。子連れの猪は気が立って危ないので、豚さんたちで本当によかったです♪
Commented by cut-grass93 at 2022-10-20 09:31
旅行に出かけていたので、3日間コメントなしで
失礼しています。
今日の写真も素晴らしい。
城壁や古い、石の門。
気に入ったけれど自分の旅先の写真が溜まってしまったので
書くのはやめておきます。

samurai sticksの名前が素晴らしいなあ。
Commented by koito_hari616 at 2022-10-20 12:02
こんにちは

こちらに伺うと。。本当にお腹が鳴ります(笑)
サムライスティック。。凄いネーミングですねぇ。。
ブタちゃんの置物も可愛いし

影が長い~秋から冬に移ろっていくのですね

そして、出ました!ジェラード!!
本当に美味しそう森の果実とは。。私も好きかも(笑)
Commented by ciao66 at 2022-10-20 15:24
階段に長く伸びた影が面白いですね!面白いアングルです。
階段だからなおさら長くなったのでしょう。

ジェラートの白と赤の組み合わせもいいし、
クリームのもこもこカーブがいいですね。
単純に盛ったより、とても美味しそうに見えます。
デザインの国、イタリアならではですね!
Commented by milletti_naoko at 2022-10-20 15:36
草刈真っ青さん、おお、旅行に出かけられていたんですね!

ありがとうございます。こんなふうに歴史ある建造物や自然を楽しみながら歩けるコースが、料理のおいしい店の近くにあって、ありがたいです♪

名前のつけ方、気が利いていますよね。 最近ルパン三世 第4シリーズをよく見るので、斬鉄剣が重なって見えたりもしています。
Commented by milletti_naoko at 2022-10-20 15:44
結うさん、こんにちは。

2週間ぶりの刺身もジェラートもおいしかったです♪ サムライスティック、名前がおもしろいですよね。豚ちゃん、こんなふうに丸っこい形にしてあって、でも豚だと分かるのもすごいなあと思いました。かわいらしいですよね。

森の果実風味のジェラート、おいしかったですし、色もきれいでした♪
Commented by milletti_naoko at 2022-10-20 15:53
ciao66さん、こんにちは。

なるほど、確かに階段で段差があるせいもあって、さらに長く伸びていたのでしょうね。たまたまなのですが、このときちょうど、階段の方向と同じ方向に影が伸びていたおかげで、こういう写真が撮れました♪

食べ始めてから撮影したのですが、確かにもこもこ盛りつけてありますね。お店では以前は孫の若い女性を見かけることの方が多かったのですが、今回は久しぶりに、昔からおいしいジェラートを作るそのおばあさんが盛りつけてくれました。上のジェラートを食べたら、コーンの中にはほとんどなかったのが残念だったのですが、なるほど中に入る代わりに、ジェラートが全部上にもこもこと載っていたためなのかもしれませんね。
by milletti_naoko | 2022-10-19 20:27 | Umbria | Comments(14)