イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

イタリア右派の勝利・メローニ政権発足に移民・異教徒・同性愛者などへの差別・偏見助長を危惧、World Voice 連載

 女性でありながら、社会的弱者であって差別や偏見の対象となりやすい移民や難民、異教徒、同性愛者などに矛先を向け、そうやってイタリア人の権利や伝統を守るのだと言って憚らないジョルジャ・メローニを首相とする政権の発足に、イタリアの行末を心配しています。

 ニューズウィーク日本版の姉妹サイト、World Voiceに、そうした思いを最近のイタリアのニュース記事を引用しながら、「イタリア右派の勝利・メローニ政権発足に移民・異教徒・同性愛者などへの差別・偏見助長を危惧」という題で、寄稿しています。

イタリア右派の勝利・メローニ政権発足に移民・異教徒・同性愛者などへの差別・偏見助長を危惧、World Voice 連載_f0234936_23191610.png

https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/ishii/2022/10/post-46.php

 「人間を人種・国籍などで差別する風潮がある限り、だれかが声高に叫ぶ声に、知らず知らずに、自らの判断力を失い、周囲に同調してしまう傾向がある限り、そうでなくても、人間、いつの時代にも、こうした恐ろしい大量虐殺の加害者に、そして、被害者になってしまう可能性があるのだ」


 イタリアや日本、世界で、再びそのような状況が起こらぬことを願いながら、ドイツで戦後の1946年まで7年間続いたという大勢の命を奪った恐ろしい政策を語るドキュメントと、マルコ・パオリーニの上記の言葉を思い出しました。

 平和を愛し、違いを豊かさとして受け入れる心を、今後より多くの人がしっかりと持ち続けていけるイタリアで、日本で、そして世界であってくれますように。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2022-10-25 23:07 | Notizie & Curiosita