イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

超特急なんちゃって和食づくり ソラマメ酢飯にも生姜焼きにも

 昨日の夕食には、夏から冷凍していた畑のソラマメでポタージュを作ろうと考えて、冷蔵庫でじっくりとソラマメを解凍してありました。ところが、夫が友人に映画と夕食に誘われて出かけたため、昨夕もわたし一人で食事をすることになりました。わたしも誘われたのですが、今回は映画はコメディだったものの、わたしは翌日、つまり今日の朝、血液検査を控えていたため、その12時間前までに夕食は軽く済ませたいと考えていたので、映画と夕食には行きませんでした。

 そうして、夕方、夫が出かけたあとで、急にとてもおなかがすいたので、玄米では時間がかかりすぎるからと、

超特急なんちゃって和食づくり ソラマメ酢飯にも生姜焼きにも_f0234936_23095128.jpg

白米をつけおきもせずに、鍋で炊き始めました。手っ取り早いのはサラダやスモークサーモン、豆腐なのですが、夕方、雨がぱらつく気温が8、9度のペルージャでいつもの散歩道を歩いたら、歩いていた間こそ体が温まったものの、その頃には寒さも感じていたので、何か温かいものがほしくなりました。というわけで、途中で思いついて、ごはんを炊いている最中の鍋の中に、冷蔵庫にある解凍したソラマメと手早くざっくり切ったニンジンを入れて、ごはんといっしょにゆでました。そうして、これは寿司風に味つけしたらおいしいだろうと思いついて、リンゴ酢と黒砂糖と塩を混ぜ合わせ、小さい鍋で煮立てて、砂糖と塩を溶かしました。そうして、おなかがすいていた上に、温かいごはんが食べたかったので、ごはんが炊き終わってすぐに、寿司酢を入れてかき混ぜました。それから15分間、鍋に蓋をして蒸らしてから、サラダとスモークサーモンといっしょに、温かいままの寿司風ソラマメごはんを食べました。ごはんを炊いている途中で、たくさんのソラマメとニンジンを加えたので、後から加えた水や寿司酢の分量も大ざっぱです。そのため、ごはんを炊いている間、ごはんの炊きかげんを見ては、水を何度か加えた上に、できあがったソラマメごはんは、味が足りないように感じたので、食べる途中で、さらに酢と塩を少し加えてかき混ぜました。かなり慌ただしく、しかも適当に作った割には、おいしくできたように思います。

 一方、今朝も、血液検査が終わって帰宅したら、すっかりおなかがすいていました。残りのなんちゃってソラマメ寿司だけではなく、何か温かいものがほしいと思い、豆腐とワカメのみそ汁も作ることにしました。冷蔵庫を開けて、紫タマネギとミジャーナで夫が育てたトマトとがあるのを見て、どちらも生でも食べられる野菜だからと、小さく切って鍋に入れて、豆腐とワカメと共に、みそ汁の具にしました。ソラマメ寿司は、温かいまま食べた昨夕よりも、今朝の方が寿司酢の味がしっかり行きわたっていて、さらに酢と塩を加えなくても、おいしかったです。

超特急なんちゃって和食づくり ソラマメ酢飯にも生姜焼きにも_f0234936_23365430.jpg

 さて、今日は、夫が夕方まで勤務の日なので、わたし一人で昼食を食べました。日曜に義父の誕生日を祝うために買って開けた甘口のスプマンテが残っていたので、料理酒代わりにこのスプマンテを使って、豚肉の生姜焼きを作ったのですが、合わせたタレにつけておいた肉を焼く前に、同じフライパンで、まず紫タマネギを炒め、さらにソラマメを加えてしばらく炒めてから、肉も入れて焼き、それからタレを鍋に入れて、ソラマメがきちんとゆで上がるように、水もさらに少し加えて、3分煮立ててから、フライパンを火から下ろしました。そうして、またまた、なんちゃって寿司風ソラマメごはんといっしょに食べました。

 こんなふうに、ソラマメに豆腐にみそと、昨夕から豆をたくさん食べているのは、さっと料理ができるからでもあり、また、今夜は遅くに皆でピザ屋で食べることになっているため、家では体に優しい料理をと考えたからです。おいしく食べることができて、ソラマメもたくさん消費できたので、一石三鳥と相なりました。夫はソラマメが苦手なので、和風にこんなふうに食べて楽しめるのは、わたし一人で食べるときだけだからでもあります。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:10月13日は豆の日
by milletti_naoko | 2022-11-23 23:46 | Gastronomia