イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

クリスマスの贈り物にパネットーネ おいしさは今ひとつでもより公正な世界に貢献

 おとといは夕方に急に夫から電話があって、クリスマスの贈り物を選びに、車で30分ほど離れた地域にあるフェアトレードの店へと出かけました。FAIRTRADE JAPANのサイトの「フェアトレードとは?」というページにある、

開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。

という説明が分かりやすいかと思います。

 おととい訪ねた店のように、そういう商品を主に取り扱っている店でなくても、イタリアではスーパーでも、「公平・公正な貿易」をして製造・販売するコーヒーやチョコレート、黒砂糖などの商品が、売られていて、わたしたちも普段から、できるだけそういう商品を購入するようにしています。

クリスマスの贈り物にパネットーネ おいしさは今ひとつでもより公正な世界に貢献_f0234936_23084911.jpg

 さて、夫の同僚や家族への贈り物の一部をこの日は購入したのですが、その一つにこちらの杏とチョコチップ入りのパネットーネがあります。実は、もうかなり前に、この店で購入したパネットーネがとびきりおいしかったのを夫が覚えていて、それで夫は、今年もこの店で買おうと言い出したのです。

 ただし、そのときはピエモンテの職人が作ったパネットーネだったのに、今回置かれていたパネットーネやパンドーロは、どれも工場で生産されたものだったので、前回買ったものとは違うと、わたしは言っていました。けれども、750gで22ユーロというのは、相場からするとかなり高いので、きっととびきりおいしい上質のパネットーネに違いないと考えて、義弟夫婦への贈り物のうちの一つにすることにしました。そうして、「自分たちに買うには高すぎるよね」と夫が言っていたので、「同じパネットーネを自分たち用にも買いましょう。その分はわたしが払うから。」と言いました。

クリスマスの贈り物にパネットーネ おいしさは今ひとつでもより公正な世界に貢献_f0234936_23142764.jpg

 まず包み紙を開けたときに、全体的に焦げているのが少し残念で、

クリスマスの贈り物にパネットーネ おいしさは今ひとつでもより公正な世界に貢献_f0234936_23145742.jpg

中身のパネットーネは、おいしくはあるのですが、値段から期待したほどの特別なおいしさはありませんでした。

 でも、天然酵母や、黒砂糖を使っていて、健康にいい上に、砂糖漬けになってしまうと他の果物と区別がつきにくくはあるのですが、わたしの好きな杏の砂糖漬けが入っていて、そうして、生産地の商業や農業、人々に対して公正な取引を行って作られたチョコレートの粒が入っているので、皆がより暮らしていきやすい世界にしていくことに貢献することもできます。

 ということで、残念だなあと思いつつも、半分は寄付をした、よいことができたという思いと共に、少しずつ楽しんで食べていこうと考えています。

 おいしすぎると、あっという間に食べてしまうので、そういう意味でも、ちょうどいいのかもしれません。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

ブログテーマ:クリスマス2022
by milletti_naoko | 2022-12-16 23:23 | Gastronomia