イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

アルゼンチン勝利を喜ぶイタリアの家族

アルゼンチン勝利を喜ぶイタリアの家族_f0234936_23592921.jpg
 昨夕のワールドカップの決勝戦は、イタリア時間では午後4時からでした。わたしは、日曜日恒例の大家族での昼食のあと、片づけを終えてからウォーキングに出かけて、帰宅後、夫と義父、義弟夫婦、姪たちといっしょに、フランス対アルゼンチン戦を観戦しました。

 特に後半、フランスがあっという間にゴールを二つ入れてから、義父以外の皆が、時に立ち上がって大きな声をあげ始めたので、義父以外は、皆が明らかにアルゼンチンを応援しているのが分かりました。つい最近パリに4日間旅行したばかりの姪も、夫のすぐ下の義弟夫婦も、フランス旅行はよかったと言いつつ、フランス人は親切ではないと言います。わたしも夫も、フランスの人は親切だという印象を持っているので、それを皆に伝えはしたのですけれども。



 わたし自身は、パリで地図を見ていただけで、道を教えようとしてくれる親切な人に、何人も出会いましたし、夫の提案で急に行くことになった南仏では、まだスマートフォンを持たず、フランス語も知らないで旅行していたとき、宿が見つからずに困って、美しい中世の庭園の書店の人に尋ねたら、その人が受付の人に頼んでくれて、近くにあるいい宿を見つけてさえくれました。

アルゼンチン勝利を喜ぶイタリアの家族_f0234936_23574698.jpg

 けれども、決勝戦のときに、フランスを応援していたのは、義父とわたしだけだったようです。アルゼンチンの勝利が決まったときには、義弟も姪たちも夫も、立ち上がって喜んでいました。

 夫は若い頃、アルゼンチンには何度か旅行をしていて、かなり長期の滞在をしたこともあり、「友人もいるから、アルゼンチンを応援するのだ」と言うのですが、姪たちはどうも、フランスがあまり好きではないらしいのです。

 最初の70分の戦いぶりがあまりにもひどくて、眠っているようだったからとも、姪の一人は言うのですが、互いに近くにありすぎる国ゆえの競争心というものがどうやらあるようで、昨日は試合中に皆がアルゼンチンを応援するのを見て、驚きました。



 写真は、2016年6月にパリのロダン美術館の庭園で撮影した『考える人』のブロンズ像です。像のモデルとなったダンテには及びませんが、試合中の義家族の様子を見て、わたしも少々考えさせられたものですから。皆の言葉を聞くと、なんとなく妹が才色兼備で人気のあるお姉さんを、大切に思いながらもねたんで、ライバル意識を持っているような、そんな印象を受けたのです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

by milletti_naoko | 2022-12-19 23:59 | Altro