イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23134203.jpg
 世界一大きなクリスマスツリーは、ウンブリア州の歴史ある町、グッビオで、クリスマスを祝う期間に、山の斜面に色と光で描かれるツリーです。



 昨日の午後、クリスマスの祝いとあいさつにと、ペルージャのかなり北方の村に住む友人宅へと車で向かうと、

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23120046.jpg
Si vedeva l'Albero più grande del Mondo di Gubbio dalla strada da Preggio verso Perugia!

丘の上を走っていたときに、そのグッビオのクリスマスツリーが見えました。上の写真は、帰り道、もう暗くなってから、車を道の脇に停めて撮影したものです。

 帰りが遅くなってしまったので、さてどうしようということになり、以前から気になっていたペルージャ中心街にある日本の方たちが営む日本料理店、Giapp-oneに、初めて足を運んでみることにしました。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23134203.jpg

 わたしはサラダ付きの鶏の唐揚げをごはんと、

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23142313.jpg

夫は鰻重を食べました。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23150427.jpg

 鶏の唐揚げにしても、あんこ入りの小さなおもちにしても、一人分を買ったり作ったりする手間を考えても、こうしてさっと店でおいしく食べられるのが、ありがたいです。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23161393.jpg

 鰻重のたれが夫には甘すぎてとまどっていたのですが、ゴマの風味たっぷりのこちらのジェラートは、おいしいと喜んでいました。

 めまい対策にアルコールを避けているわたしは水を飲み、メニューに並ぶ日本のビールの中から、店の方の説明を聞いて、夫はキリンビールを頼んで飲みました。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23180808.jpg

 店先に小倉百人一首が、それも競技がるた用の取り札と読み札があって、とても懐かしかったです。

 日本の高校で国語を教えていたとき、競技がるたを始めて、新居浜の師匠の元に通って教えてもらい、宇和島東高校や宇和島高校のかるた部の先生に教えていただき、生徒たちの練習や遠征につきあわせてももらって、練習に励んで段も取ったからです。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_05174579.jpg

 日本酒は飲んでいないのに、なぜテーブルの上に瓶があるかと言うと、花瓶として使われていて、わたしたちが席につく前から、すでに置かれていたのです。

 日本の家庭料理を食べたというばかりではなく、日本語で注文、あいさつや自己紹介をして、あれこれおしゃべりもしてと、イタリアにいながら、そこには日本の空間がありました。「店の人、深々とお辞儀をしていたね。」と、夫が驚きつつもおもしろそうに言っていました。わたしも同時にお辞儀をしていたので、そんなにも深いお辞儀をしてくださっていたとは、気づきませんでした。

ペルージャで日本 鶏の唐揚げと百人一首_f0234936_23222236.jpg

Giapp-one Ristorante
Via Volte della Pace, 2 - Perugia, Italy
Tel. : 347 495 5166
FB : Facebook - Giapp-one Ristorante, Perugia


 クリスマスが近づいて、来客があったり自分たちが訪問したり、贈り物を買いに行ったり、飾りつけをしたりと慌ただしくて、なかなかブログの記事をきちんと書いてから投稿したり書き直したり、コメントやいいねのお返しが追いつかずにいます。時間があるときにいつか必ず。

 皆さん、どうかすてきなクリスマスをお過ごしくださいませ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

ブログテーマ:11月17日はレンコンの日
Commented by nonkonogoro at 2022-12-25 08:25
山の斜面の大きなツリー
素敵ですね~(#^^#)

唐揚げもおいしそうですね。。。

我が家は クリスマスとは無縁ですが
今日は 一応 クリスマスディナーの予定。
Commented by cut-grass93 at 2022-12-25 09:29
今日はなおこさんのキャリアまた発見!

百人一首の有段者
愛媛の高校で教員
凄いですね。

世界最大のクリスマスツリー
京都の大文字焼みたいなものかな。
Commented by koito_hari616 at 2022-12-25 11:18
naokoさま、メリークリスマス✨✨✨✨

クリスマスツリーは京都のお盆の時の大文字焼きみたい
お山にみんなが見えるように。。嬉しいことですね

日本食レストランの日本酒の空瓶の花瓶。。
私も綺麗なガラス瓶は捨てずに置いています💦
イタリアの方のご主人さまには鰻の甘さは。。苦手かもですね
競技用の百人一首は始まりますよね

善いクリスマスを✨✨✨✨
Commented by katananke05 at 2022-12-25 11:57 x
メリークリスマス〜

日本語が話せるお店は なおこさんもほっとするでしょうね〜
おじぎや 丁寧な応対で
外国で生活してると なんとなく自分は「日本」を 世界にみせているから 良い印象を与えようとする意識 ありますよね〜
わたしは反対に 舐められてはいけないと
がんばるところも ありましたけどね〜
うな重もあるとは、、ですが
うなぎは 食べる習慣があまりないから イタリアの池には結構いるのかしら〜
(アメリカの釣り堀でつりあげ 管理人さんが 食べるの?と 驚くところを もってかえり 四苦八苦で
うなぎの蒲焼つくったことありです)
我が家も 昨日は夜半のミサに出たので 今日の夕飯がお祝いですよ〜
Commented by katananke05 at 2022-12-25 11:59 x
書き忘れ
百人一首で 段を持ってらっしゃるのですね〜 すご〜い
Commented by django32002 at 2022-12-25 15:41
こんにちは。
世界一大きなツリー、見てみたいものです。
画像にあるのはキリンの「一番搾り」と「山田錦」でしょうか・・・?
"競技かるた"をされていたとは、まさに「ちはやふる」の世界ですね!
Commented by cocondogrose at 2022-12-25 20:11
こんばんは!宇和島高校で競技かるたをしていた男の子と知合いです。うれしく懐かしく思い、思わずコメントさせていただきました・・・。今、25歳くらいの男の子、直近で会ったのが昨年でした。
愛媛県は松山東や愛光学園も強豪校ですが宇和島高校も頑張ってらっしゃいますね。日本ではコロナで大会も減り運営もご苦労を重ねられたようですが、ぼちぼち通常に戻りそうな気配です。
Commented by milletti_naoko at 2022-12-26 05:32
のんさん、ありがとうございます。
唐揚げ、懐かしい日本の味がしました♪
Commented by meife-no-shiawase at 2022-12-26 23:32
高さが750メートルですか!!!
ギネスには色々な記録があって驚くことがありますが
クリスマスツリーにもあるなんてー!!!
過去記事のツリーの大きさがいったいどうなっているのか
写真を何度も見直しました。
樹ではなくて山に描かれているのですね!!!すごいー。

でもあのリフトは私も絶対に無理です。
あれに乗れるってすごいですね。お写真だけでも脚がガクガクしそうでした。

でもこの美しいツリーは遠くからでも見えていいですねー。
私も実際の点灯した様子を観てみたいです-。

日本料理屋さん♪
イタリアの方も日本料理がお好きな方が多いのでしょうか。
鰻もあるなんてビックリです-。

私も最近はやることが有りすぎてなかなか進まず・・・
あっという間に一日が過ぎてしまっています。
なおこさんもご多忙の様子ですので、体調には気をつけて・・・!
Commented by milletti_naoko at 2022-12-26 23:41
草刈真っ青さん、ありがとうございます。有段と言っても、初段か二段(はっきり覚えていないのです)なんですよ。

そうですね。火の代わりに、電気の明かりで彩るウンブリアの冬の風物です♪
Commented by milletti_naoko at 2022-12-26 23:49
結うさま、ありがとうございます。
なるほど祈りの思いが大きく、皆に伝わるようにと山に描くところが確かに共通していますね!

結うさまもですか。きれいで取って使いたい瓶や箱って、ありますよね。

どうかすてきな年末年始の日々をお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2022-12-27 05:56
katananke05さん、ありがとうございます。
どうかすてきな年末年始をお過ごしくださいませ。

中に入るとそこは日本という雰囲気で、夫がわたしたちのやりとりを観察して、日本語でお礼も言ったりして、楽しそうでした。

鰻はトラジメーノ湖やラッツィオのボルセーナ湖などに生息しているので、湖畔には鰻の料理を食べられる店もあるんです。もちろん料理法はかなり日本とは異なるのですけれども。
Commented by milletti_naoko at 2022-12-27 06:04
katananke05さん、ありがとうございます。
百人一首は中学生の頃から覚えていたのですが、競技がるたは、頭も使うと同時に体も使うスポーツで、楽しみながら練習に励みました♪
Commented by milletti_naoko at 2022-12-27 06:06
django32002さん、こんばんは。
いつかご覧になれる日が早く来ますように。
おっしゃるとおりです。山田錦はわたしは初めて見ました。よくご存じですね!

ちはやふる、こちらに来てから知りました。競技がるたが漫画になって、しかも人気を得るとはと驚きました。
Commented by milletti_naoko at 2022-12-27 06:13
のばらさん、こんばんは!

なんと宇和島東高校(それとも宇和高校でしょうか)で競技がるたをしていた男の子とお知り合いなんですね!

わたしが競技がるたの練習などで、宇和島東高校や宇和高校によく出かけたのは野村高校に勤めていた1997年までの4年間なので、30年近く前のことなのですが、今も宇和島東高校が頑張っていると知って、うれしいです。愛光や松山東も強豪校になっているとは!

札を取るにはどうしても手を使いますから、感染下での運営は本当に大変だったことでしょうね。

うれしいコメントをありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2022-12-27 06:21
メイフェさん、そうなんです!
わたしも知ったときには驚きましたが、特にグッビオの近くから見ると、とてもきれいなんですよ。

過去記事も見てくださったんですね。ありがとうございます。わたしもあのリフトは無理です。でも一度、北イタリアのトレンティーノで、アルプスのごつごつした岩山のはるか高みを、同じような恐ろしいリフトで登らなければいけなかったことがあって、本当に怖い思いをしました。

いつかきっとメイフェさんもご自身の目でご覧になれる日が来ますように♪

イタリア、近年は日本料理の店がかなり増えているんですよ。経営も料理も日本の方ではない店の方が多いようには思うのですけれども。

ありがとうございます。つい家事や片づけにしわ寄せが行ってしまうのですが、睡眠不足になるとまた、ひどいめまいに襲われる恐れもありますので、余裕を持って仕事を計画的に片づけていけるように頑張ります。

メイフェさんもどうかお体をくれぐれも大切に、お過ごしくださいませ。
Commented by cocondogrose at 2022-12-27 09:05
ふたたびこんにちは、脱字で失礼しました・・・。
わたしの知人は宇和島東高校の卒業生さんでした。
夫も愛媛県の出身なのでコロナ前のお正月は愛媛で過ごしていました。
アッシジ、ペルージャ、須賀敦子さんのファンなので耳に懐かしい地名で、こんな景色のところなのね・・・とうれしくお写真拝見してます。
当たり前なのですが日本とは全く違う美しさですね。
素敵なお写真ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2022-12-27 21:48
のばらさん、いえいえ、なるほど、愛媛県に何かとご縁をお持ちなんですね!

須賀敦子さんの本、わたしも日本に住んでいた頃、夢中になって読んでいました。写真を楽しんでくださったと知ってうれしいです。こちらこそありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2022-12-24 23:22 | Trentino-Alto Adige | Comments(18)