イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23273764.jpg
 土曜の夕方、あと3人分が残ったクリスマスの贈り物を買いに行こうと、ペルージャの歴史的中心街に向かう途中、

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23282477.jpg

いくつものエスカレーターで上り、パオリーナ城塞(Rocca Paolina)を通っていると、城塞で開催中のクリスマス市への入り口を夫が見つけました。

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23275527.jpg

 案内に従って通路を歩いていくと、こちらのコルク製のカバンやリュックサック、財布などを売る店があります。色合いもデザインもすてきなものが多くて、いいなあと思う財布やリュックサック、カバンがいくつもあります。

 ポルトガルの伝統の品で、丈夫で長持ちしますよと言う店の方の言葉を信じて、贈り物ではなく自分用に

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23273764.jpg

こちらの財布を購入しました。以前に夫が贈ってくれた財布が傷んできたので、ずっと新しい財布を探していたのですが、これはという財布を見つけられずにいたのです。最初にデザインがいいなあと思った財布は、残念ながらお札やカードを入れる場所や大きさに問題がありました。長い財布は、小さいバッグだと他のものが入らないかもしれないとは思いつつ、並んでいた中で一番に気に入って、買うことに決めました。中のカード入れの仕切りが小さめで、少々無理をしないとカードが入らないのですが、使ううちに出し入れしやすくなってくれることを期待しています。

 買って帰ってから、「お金に羽が生えて飛んでいく」という言葉を思い起こしたのですが、夫にそう言うと、「羽が生えてお金が来てくれるっていうことでもあるんじゃないの」と言ってくれたので、そう願うことにいたします。これまでの財布の倍の大きさで、その大きさにはまだ慣れていないのですが、デザインを見るたびにうれしくなる、そういう持ち物が増えたことがうれしいです。

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23405972.jpg

 デザインに魅かれて、こちらの小銭入れも自分用に購入しました。何を入れるのに使うかは考え中です。

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23415554.jpg

 クリスマス前日とあって人が多く、夫の後を追いながら撮影したので、写真がぶれてしまっていますが、おかげで奥の人の顔がはっきり分からないという利点もあります。

一目惚れ 羽が彩る財布はコルク製、ペルージャ クリスマス市_f0234936_23432672.jpg

 クリスマスの贈り物などで、すでにうちに甘いものがわんさかあるのですが、夫と出かけると、こんなふうに甘いものの前で足を止めて、口にすることになります。チョコレートはおいしいので、うれしくはあるのですけれども。



 この日はこうして、まずは城塞内の露店を一通り回ってから、さらにエレベーターを登って、星降る中心街へと向かったのでありました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

ブログテーマ:今年買ってよかったもの
by milletti_naoko | 2022-12-29 23:47 | Umbria