イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夫治り今度はわたしがインフルエンザ かかりつけ医退職で新しい医師も選択

 土曜の夕方から体調を崩し、その晩から火曜までは熱が高かった夫は、昨日の晩には元気もすっかり回復したのですが、その昨夜は元気だったわたしが、今朝は体調不良を感じ、嘔吐や下痢もあって、夫のインフルエンザをもらってしまったようです。



 日本ではウイルス性あるいは感染性胃腸炎と言うようなのですが、イタリア語では直訳すると「腸のインフルエンザ」となるinfluenza intestinaleと言うので、記事ではインフルエンザと書いていました。

夫治り今度はわたしがインフルエンザ かかりつけ医退職で新しい医師も選択_f0234936_23464311.jpg
Perugia, Umbria 12/1/2023

 というわけで、今日からしばらくの間は歩きにも行かず、ゆっくりと静養することといたします。日本語の授業も今日は休みにして、元気になったときに、代わりの授業をすることにしました。上の写真は、昨夕ウォーキングから帰ったときに、うちの窓から撮影した夕景です。

夫治り今度はわたしがインフルエンザ かかりつけ医退職で新しい医師も選択_f0234936_23482350.jpg

 幸い、夫の体調が悪かった間に、こういうときにも食べられる食品、バナナなどを、2度に分けてたくさん購入していますし、掃除や洗濯も済ませていますので、ゆっくり休むことができます。

 夫の古い友人であるわたしたちのかかりつけ医が、ちょうど月曜に夫が病気休暇の申請を頼んだ翌日に退職したため、万一のために代わりとなる新しいかかりつけ医をさっそく決めました。

夫治り今度はわたしがインフルエンザ かかりつけ医退職で新しい医師も選択_f0234936_23514269.png
https://salute.regione.umbria.it/cms/web/guest/scelta-revoca-medico

 今はこういうこともオンラインでできるので、便利です。幸い、無事に医師を変更できたところなのですが、新しい医師は、今までと同じ診療所でも診てくれる女医さんで、友人のINPSに勤める家族が勧めていた人だとのことです。

 専門医に診てもらうにも、薬を処方してもらうにも、検査をするにも、イタリアではかかりつけ医を通さなければならないことが大半なので、新しい医師に変更することができて、ほっとしています。

 さて、この記事は、医師変更のためにベッドから起き上がった機会をとらえて書きました。またこれから、ベッドに戻って休むことといたします。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2023-01-13 23:59 | Salute