イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も

 先週雪のシビッリーニ山脈を歩いたとき、

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_04525273.jpg
Monti Sibillini 3/2/2023

夫は出発から車に戻るまでの3時間余り、終始ジャケットを着ていました。

 "vestirsi a cipolla"、「玉ねぎ(cipolla)のように重ね着をする」ことが、登山や巡礼では推奨されています。寒がりのわたしは、まずは厚着をして歩き始めるのですが、山などで登り道が続くと、すぐに暑く感じるので、上着を脱いでリュックサックに入れたりすることが多いのですが、夫は例えば夏だったり日中日が高くなったりして、暑くてどうしようもないというときでもないと、多少暑くても、厚い上着を着たまま歩き続けることがよくあります。

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_05010949.jpg

 この日のカステッルッチョの天気予報は、いつも参照している二つの天気予報サイトを見ると、最高気温が5度前後、あるいは−18度と、かつてないほどの気温の差がありました。というわけで、どちらの気温でも対応できるようにと、わたしはひたすら重ね着をして出かけました。こちらの記事でお話ししたNOOYMEの黒い保温下着と水色のウインドブレーカーが、どちらも汗がこもらず風を通してくれて、かつ体温を保ってくれるので、とても気に入っています。ただし、保温下着はデザインについては、後から追加購入したこちらの方が、たとえ暑くなってこれ1枚になっても、トレーニングウェアとして着て恥ずかしくないので、気に入っています。

 ふだんのウォーキングは、気温が6度から10度くらいであれば、この二つに昔むかしデカトロンで購入したフリースのハーフジップで出かけているのですが、4、5度であれば、ユニクロのピンクのウルトラライトダウンジャケットをさらに上から着て出かけています。たいていは途中から暑く感じるので、そのときはダウンジャケットを腰に巻いて歩くのですが、ずいぶん前から使っているジャケットでもあり、袖を二重にして縛って傷んでしまったら、それはそれで仕方がないかと思っています。この日は氷点下の可能性も考えて、さらに白いウルトラライトダウンのベストも下に着ていきました。実はこのベストは何年も前に買ってはいたのに、寒がりのわたしは、冬は袖がある衣類ばかり着ていたため、日の目を見ることが少なかったのです。

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_05284876.jpg

 この日は雪は積もっていても、出発したときから長い間は風もなく、ひなたを歩いたおかげで、上の写真のように5枚重ねて着ていたわたしは、

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_05324112.jpg

暑く感じて、出発から40分後には、ウルトラライトダウンジャケットは脱いで、

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_05345420.jpg

こんなふうに腰の周りに巻きつけて歩きました。1枚上の写真は、スマートウォッチの画面がずっと暗いままであるということを示すために撮った写真です。

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_05385045.jpg

 歩くうちに日が高くなり、給水場からは急な斜面を登ったため、最後にはウインドブレーカーも脱いで腰に巻いていたのですが、

寒いので重ね着の術 ウォーキングも雪山も_f0234936_05425134.jpg

頂上まで登る夫を待たず、一足先に急な斜面を下り始めると、突然冷たく激しい風が吹き始めました。

 このとき、あまりにも寒いので、それまで脱いでいたウインドーブレーカーもジャケットも再びすべて着こみました。

 さて、最近ではペルージャも毎朝最低気温が氷点下となり、気温が高くなる午後に出かけて歩くのですが、それでも気温は1度から4度で、さらに激しい北風が吹いたり、雲や丘が投げかける影のために日が当たらなかったりします。そこで、雪山でも上の写真の服装で十分対応できたからと、この数日は日々のウォーキングに出かけるときにもこの格好で出かけて、ただし、ダウンジャケットはたいていの場合、途中で脱いで腰に巻いています。

 わたしがとても不思議に思うのは、他の散歩やウォーキング、ジョギングをする人たちの服装です。かなりの寒さであるのに、薄着で走っている人もいれば、ダウンジャケットを着て歩いている人もいて、皆そんなふうにずっと走ったり歩いたりしていて、寒かったり途中で暑くなったりしないのだろうかということです。寒がりのわたしは、歩いて体がある程度温まるまでは、ダウンジャケットなしでは震えてしまいますし、体が温まってもそのまま歩いていたら、いくら速乾性があると衣類を着ていても汗をかいて暑くなるので、上着を脱いで調整します。わたしが歩いていて行き交う他の人たちは、その必要を感じないのでしょうか。

 雪山でも寒い日のウォーキングでも、歩き始めるときはネックウォーマーもつけているのですが、2枚目の写真は重ね着の様子が分かりやすいように、ネックウォーマーなしで撮っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:雪景色の1枚
by milletti_naoko | 2023-02-10 06:08 | Viaggi