イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_22411233.jpg
 イタリアでは自分の誕生日を、友人や同僚、家族などを招待して祝うことがよくあります。特に、〜十歳ときりのいいときには盛大に祝います。先週の土曜はわたしたちが住むペルージャの二世代住宅の上の階に暮らす義弟の奥さんの誕生日で、義弟はずいぶん前から、奥さんにはないしょで家族や友人・知人を大勢招いての祝いの宴を企画していました。10年前に彼女自身が誕生日会を企画したときなど、何か祝いの際に限って彼女自身がその前に病気になったりけがをしたりして中止になるということが何度かあったので、そのために義弟がこっそりと皆を呼び、レストランを予約してメニューも決め、皆が先に来てテーブルで待つようにあれこれ指示をして、綿密に手配していました。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_22382040.jpg

 結果は大成功で、30人近くの招待客がずらりと並ぶテーブルを見て、予想もしていなかた義弟の奥さんは、とても喜んで感激していました。わたし自身があまり知らないので、写真を載せていいか分からない人も奥の方には多いので、祝宴の雰囲気を伝えるために、そういう人たちの写真は小さく霞んで見える、この写真を添えておきます。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_22411233.jpg

 義弟の奥さんはエクアドル出身で、祖国では医師として働いていました。その医師としての知識と経験も活かして、イタリアでは高齢者の介護を仕事としています。夫たちの今は亡き伯父や伯母の介護を彼女が務めていたことがきっかけで、義弟と知り合い、互いに魅かれるようになったのですが、その遠い昔、今から十数年前に義父母が彼女にわたしのことを話したとき、息子の恋人だと話したらしく、けれども夫は仕事で帰りが遅いのであまり会う機会がなかったために、なんと彼女は最初の頃、わたしを義弟の恋人だと思って恋をあきらめようと考えたこともあったそうです。

 夫と二人で選んで贈ったピアスを、とても喜んでくれました。決める前にかなり悩んだので、ほっとしました。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_22545366.jpg

 花粉症の症状を悪化させるからとふだんは避けている揚げ物やサラミ、チーズも、この日はすべて平らげました。この前菜が運ばれてきた時点ですでに午後8時52分と遅く、こんなふうに大勢が集まっての宴でメニューが決まっている場合は、前菜の次にプリモが運ばれてくるまでにかなり時間がかかることを、経験的に知っていたからです。雨が降ったので花粉の飛散も少ないだろうという安心もありました。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_22583522.jpg

 プリモ、一皿目の料理はパスタで、鴨肉のトマトソースで和えたタッリャテッレであるとは、義弟からあらかじめ聞いていたのですが、食べていてこりこりとする食感が気になって、後で聞いたらなんと内臓肉だったとのことです。肝臓らしき肉があるなあとは思ったのですが、内臓肉はコレステロールの含有量も多く、好きではなくいつもは避けているので、知っていれば肉は残していました。パスタとトマトソースはとてもおいしかったです。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_23035192.jpg

 セコンド、二皿目の料理はトマトソースで煮込んだ鶏肉で、肉が柔らかくておいしかったです。骨が多い部位を食べるのが苦手なわたしは、ナイフで肉を取り分けるのに時間がかかり、食べ終わるのが最後になってしまったのですけれども。つけ合わせの野菜はフダンソウで、青菜がたくさん食べられて、ありがたかったです。

誕生日祝い成功 義弟のびっくり作戦_f0234936_23061716.jpg

 誕生日祝いのケーキが、生クリームも果物もたっぷりでとてもおいしかったです。小さくはありますが、おいしさを十分に味わうことができて、イチゴも載っていたのでうれしかったです。「もっとケーキがほしい人はいませんか」と後から給仕の人が声をかけて回ってくれたのですが、このケーキが運ばれてきたのが10時18分と夜ももう遅く、すでにたくさん食べていたので、おかわりはしませんでした。ケーキ同様、ワインも花粉症の症状によくないですが、めったにない祝いの機会ということで、グラスに3分の1ほどの赤ワインも飲みました。

 医師としての経験を活かして、義母の症状が悪化してから亡くなるまでの間、仕事も忙しい中、誠意一杯に心を込めて看護をしてくれた義弟の奥さんが喜んでくれて、そうして皆でおいしい料理を食べながら集うことができて、本当によかったです。会場がアッシジ郊外と遠方だったので、行きの車の中では行きたくないのにと言っていた義父も、大勢のいろんな人に会って話ができて、うれしそうでした。

 土曜の晩は帰宅が真夜中直前で、翌日曜日も朝からアドリア海の海辺の町、ファーノへと遠出をして遅くに帰宅したため、ただでさえ遅れているイイネとコメントのお返事がますます遅れています。少しずつでも確実にお返しするつもりですので、今しばらくお待ちくださいませ。いただいている順、コメントがある記事を投稿した日付の順にお返事をしていかないと取りこぼしが出てしまうことに気づいたため、原則的にはコメントはいただいた順にお返しし、遡っていただいたコメントについては、コメントを書ける時間のあるときになって承認することにしています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by cut-grass93 at 2023-03-14 08:53
イタリアではこんな風にお祝いするんですね。
こうして知り合いが増えてさらに盛り上がるわけね。
ところでレストランの支払いは誰がどうするのでしょう。
会費制でしょうかね。

雰囲気もいいし素晴らしい。
Commented by blackfacesheep2 at 2023-03-14 10:06
大家族で誕生日をお祝いする・・・
いかにもイタリアっぽい雰囲気ですね。
アメリカに渡ったイタリア系の人々も、家族で集まるのが大好きですね。^^
皆さん素適な表情です♪
花粉症、大変ですね・・・イタリアでも花粉症があるんだ。
杉とかヒノキに似た樹木があるのでしょうか・・・
Commented by koito_hari616 at 2023-03-14 11:26
こんにちは

素晴らしいお誕生日ですね!
きりの良い年のお誕生日は特に盛大に。。
日本で言うと歳を重ねての 還暦や古希。。etc.
「小さな村の物語」で見るのは本当なんですね!
遠い親戚でも(遠戚)もその時に会えて嬉しいものだと思います
義弟さんもエクアドル出身の奥さんを喜ばせたかったのですね♪
誕生日はやはり ケーキ ですね(´∀`*)ウフフ
Commented by goodlifegirl at 2023-03-14 13:21
すごい盛大な誕生日ですね~♪
イタリアでは沢山招いてお祝いするのですね。~十歳の時は盛大なんですね。
2枚目の写真で、とても楽しい宴で義弟の奥さんのとびきりの笑顔でびっくり作戦が成功した様子が伝わってきます。
お料理もどれも美味しそうです。ケーキは果物たっぷりですね♪

なお子さん、忙しい中コメントやイイネをありがとうございます。
真面目で頑張り屋さんと思えるなお子さんなので、あまり無理されず、なお子さんのペースで大丈夫です(*´▽`*)
Commented by harupita at 2023-03-14 22:01
🌸コンバンハ🌸なお子さん🌸

とても和やかなバースディパーティですね。
イタリアの方々のフレンドリーで気さくな
心遣いが溢れていて、このお祝いに
嬉しくな人はいませんね。
笑顔が弾けていますね。

プレゼントのピアスも喜んで下さって嬉しいですね。
お料理も美味しそうです。

忙しい日々の中
あまりコメント、レスなどを気にされない方が良いのでは?

忙しい時はもうコメントなどは
スルーして下さいね。
きちんとしたなお子さんのことなので
無理をされないか心配です。

私もこの歳になると(私の場合)
出来る事をマイペースでやっています。
今まで頑張ってきたので
ブログでは無理をしないで楽しみ
たいなって思います。


素敵なバースディのブログ
楽しい気持ちになりました。

義妹さん🌸おめでとうございます🌸
Commented by meife-no-shiawase at 2023-03-14 23:34
大勢での食事会ってとってもいいですね~。
イタリアの皆さんもご家族などで集まることが多いのでしょうね。
よく映画などでもイタリア系の方たちが大勢で集まっているシーンがあります。

お義父さまもお元気そうだし、楽しかったようで良かったです。

お写真拝見して、食事制限と運動の成果が出ていますね。
なおこさん、以前と比べてすっきりされてます♪
Commented by katananke05 at 2023-03-15 20:49 x
イタリアのこのような大家族の集いは 本当に素晴らしいことと
私も「小さな村のものがたり」
イタリアの村の 番組を見て
感じています〜
義弟のお嫁さんに内緒で
集まると言うところが ビッグサプライズで ワクワクしましたね〜
会費制? 
プレゼントも気に入ってもらえ
大満足でしたね〜
Commented by tawrajyennu at 2023-03-16 15:24
こんにちは♪
大勢の人が集まってのお誕生日会、良いですね!
イタリアの方は、本当にご家族を大切にしていると思います。
弟さんとご主人さま、似ていらっしゃいますね。
奥様の弾けるような笑顔がとても素敵ですよ。
心を込めて選んだピアスも喜んで頂けて良かったです。
イタリアって晩御飯の時間、遅いですよね。
以前イタリアで家に泊めて頂いた時も、けっこう遅い時間でした。
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 06:58
草刈真っ青さん、わたしの経験では、主催する側がレストランの料金を払い、招待客は贈り物を贈るという場合が多いのではないかと思います。

皆でお祝いができてよかったです♪
Commented by 3841arischan at 2023-03-17 09:15
なおこさん、お久しぶりです。
すっかりご無沙汰していました( ;∀;)
なおこさんのお家でも、義母さまが亡くなられたり、
介護の問題があったり・・・
時が過ぎるということは、いろいろな事がありますね!
家は、介護のまっただ中ですが、
日本の介護保険のおかげで、何とか義母は毎日デイサ―ビスを利用して楽しく過ごせています(#^^#)
私も、できる限りは、お世話しています。
義弟様の奥様、ほんと素晴らしい方ですね(*^-^*)
そんな方のお誕生日お祝いを大勢でお祝いすることができて良かったですね♡
イタリア料理、懐かしく、美味しそうに見えます。
コロナ禍で海外旅行からは遠ざかってるので余計にそう思います(*'▽')
ごく稀に、更新する予定なので、また、たま~に見てくださればうれしいです♡
ご無沙汰してるのに見てくださって、ありがとうございました(*^-^*)
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 17:27
黒顔羊さん、家族や友達のつながりを大切にする、そういう文化から来るのでしょうね。ありがとうございます。何より、誕生日を迎えた義弟の奥さんがうれしそうで、本当によかったです♪ ずっと準備を続けてきた義弟もうれしかったことでしょう。わたしも大家族だけだと思っていて、まさかこんなに人が集まるとは思っていなかったので、びっくりしました!

イタリアにも花粉症があって、ヒノキ科の糸杉のほか、ヘーゼルナッツの実がなるハシバミや松など、花粉症を引き起こす樹木や草はいろいろあるんですよ。人によって症状が起きる植物の花粉は違うと思うのですが、わたしは糸杉も松もハシバミでも、目にも鼻にも症状が出ます。フランスではマロニエの花粉で苦しむ人が多いと読んで、パリに行く日程をずらしたこともあります。
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 18:23
結うさん、こんにちは。
なるほど! イタリアには還暦や古希、米寿などがないので、数字のきりのいい年に盛大に祝うのでしょうね。

料理もですが、ケーキもとびきりおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 18:26
goodlifegirlさん、いつも日曜日に集う家族の皆だけかと思ったら、びっくりするほど大勢が集まるテーブルだったので、わたしもびっくりしました! これだけ大勢の人に、しかも奥さんに隠れて連絡を取るのは、義弟も大変だったことと思いますが、おかげで大成功でした。

こちらこそ温かいお言葉をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 18:32
葉流さん、こんにちは♪
おそらくは義弟の奥さん自身も久しぶりに会う人が多くて、そういう喜びも重なってのうれしい祝いの宴となったようです。

ピアスはこの色とデザインが好みではないかなあと思って選んでも、実際に気に入ってもらえるとは限らないので、翌朝さっそくつけて出かけてくれるほど、たくさんの贈り物の中でも殊更に気に入ってくれたようで、よかったです♪

温かいお言葉をありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 18:45
メイフェさん、そう言えばゴッドファーザーでも、大勢がテーブルに着く席があったような。

義父ったら、わたしたちがもう帰ろうと言うのに、真夜中近くになってもいつまでも他の人たちとのおしゃべりに興じていて、よっぽど楽しかったのでしょう。かなり渋っていたのですが、連れ出せてよかったと義弟夫婦も言っていました。

ありがとうございます。最近はまた外食が続き甘いもの誘惑に負けて体重が増え気味なので、また頑張ります!
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 18:48
katananke05さん、なるほどやはりイタリアならではのことなのですね。日本でも時々こういう様子が放映されているのですね!

これだけの人数にないしょで連絡を取るのは大変だったと思うのですが、大成功でした。

こういうときは招待した側がすべて支払って、招待された人は、食事の費用にさらにお祝いの気持ちを上乗せした贈り物を贈ることが多いように思います。このときもそうでした。
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 18:54
タワラジェンヌさん、こんにちは。
ありがとうございます。やはりイタリアは家族にせよ友人にせよ、人とのつながりやいっしょに過ごす時間を大切にしていると思います。冒頭の写真で義弟は奥さんの隣ではなく、向かいに座っています。

アクセサリーは好みもあり、彼女はすでにたくさん持っているので悩んだのですが、喜んでくれて本当によかったです♪

イタリアでも南に行くほど食事の時間帯が遅くなるらしく、我が家では夕食は7時半から8時にかけてで、友人たちと集まるときも8時頃のことが多いのですが、この晩の集まりが遅かったのは、遠方から来た人もいるために、かなり遅い時間ではないと集まれない人もいたためではないかと思います。
Commented by milletti_naoko at 2023-03-17 19:10
アリスさん、お久しぶりです。
時々ご訪問して更新がないのを見て、きっとお忙しいのだろうなあと思ってはいたのですが、そういうご事情だったのですね。アリスさんご自身がお元気だと分かって、うれしいです♪

我が家では義母の具合の悪かった時には、介護は主に義父と夫たち3兄弟が交代で行い、わたしは料理、義弟の奥さんは掃除に協力してと皆で分担したのですが、義弟の奥さんは医師でもあるので義母の体調がすぐれないときや異変があったときにすぐに対応してくれて、また高齢者の介護にも経験があって慣れているので、男性陣では対処できないときにも自ら快く引き受けてくれて、安心することができました。本当は、がんの末期が近づくと、あらかじめ申請しておけばスタッフがしばしば家庭を訪問して、薬や医療関係もしっかり世話してくれるそうだったのですが、義母の場合は症状が急に悪化する直前までは比較的元気だったために、その申請が遅れてしまいました。

アリスさん、ご自身のお仕事やご家庭もあって本当にお忙しいことと思います。以前からおいしいケーキでお祝いをされるなど、心も通って大切にされていたお義母さん、皆さんの支えもあって、楽しくお過ごしとのことで何よりです。

いつかまたアリスさんもイタリアにお越しになれる日が来ますように。

こちらこそお忙しい中、訪問とコメントをありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2023-03-13 23:23 | Famiglia | Comments(18)