イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

チューリップ・黄花藤咲いて彩る修道院、昼食はトーディへ 食後はジロ・デ・イタリア観戦

 5月7日は神父だった夫の伯父の命日なので、いっしょに近所の修道院の教会のミサに行こうと義弟夫婦に誘われて、今日久しぶりに修道院を訪ねると、

チューリップ・黄花藤咲いて彩る修道院、昼食はトーディへ 食後はジロ・デ・イタリア観戦_f0234936_04351182.jpg

境内に赤いチューリップ(tulipano)が元気いっぱいに咲いていました。

チューリップ・黄花藤咲いて彩る修道院、昼食はトーディへ 食後はジロ・デ・イタリア観戦_f0234936_04385157.jpg

 黄花藤(maggiociondolo)も花盛りです。花の姿が藤に似ているので、こうも呼ばれるもののフジ属ではなく、日本ではキングサリと呼ぶことのほうが多いようなのですが、クサリという言葉の響きがきれいな花にそぐわない気がして、誤解を招く恐れがあると知りつつ、ここでは黄花藤と書いています。

チューリップ・黄花藤咲いて彩る修道院、昼食はトーディへ 食後はジロ・デ・イタリア観戦_f0234936_04450490.jpg

 その傍らでは、マンナトリネコ(orniello)も白い花を咲かせていました。

 修道院の駐車場にも、その手前の道路の路傍にもたくさんの車が並んでいたので、教会のミサに大勢が参加しているのだろうと思ったら、けれどもミサには車の数の半分か3分の1の人だけが参列していました。修道院が森に囲まれているので森に散歩をしに来た人が車を駐車したのだろうと義弟が言います。確かに、修道院から坂道を車で下っている途中に、路傍を歩く人や走る人を数人見かけました。

チューリップ・黄花藤咲いて彩る修道院、昼食はトーディへ 食後はジロ・デ・イタリア観戦_f0234936_04521969.jpg

 修道院が森と隣り合わせに建っているので、駐車場の傍らにも、山でよく見かけるゴジアオイ(cisto)の花が咲いていました。

 今日の日曜日の大家族での昼食は、トーディに住む義弟が自宅に招待してくれました。そこで、修道院の朝11時のミサに参列して、いったん帰宅して準備をしてから、1台の車で皆でトーディに向かいました。

チューリップ・黄花藤咲いて彩る修道院、昼食はトーディへ 食後はジロ・デ・イタリア観戦_f0234936_04585432.jpg

 風が強くて枝が揺れるので、うまく撮影できませんでしたが、庭の大きな椿の木に、今も残る花があって驚きました。

 2週間ぶりに皆で集って、おいしい食事を共に楽しむことができました。長いパスタは好きではない夫が、義弟が摘んだ自生のアスパラガスとパンチェッタのタッリャテッレがおいしかったと、うれしそうでした。



 ペルージャで我が家の上階に暮らす義弟の奥さんが自動車ロードレースが大好きで、ちょうど昨日、ジロ・デ・イタリア(Giro d'Italia)が始まったところなので、選手たちがゴールに到達し始めた午後5時半頃までテレビで観戦して、それからペルージャの家へと戻りました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:今年のゴールデンウィーク
by milletti_naoko | 2023-05-08 05:08 | Fiori Piante Animali