イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

藤の花求めて友とペルージャめぐり

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23170791.jpg
 4月29日土曜日は、2019年の女性写真展でわたしが詩と俳句を作品に添えることになって知り合った写真家の友人、アントネッラ・ピゼッリ(Antonella Piselli)と、


ペルージャの町を歩き、花盛りの藤を訪ねて撮影しました。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_22381716.jpg

 最初に目指したのは、サン・ピエートロ教会(Basilica di San Pietro)です。白い月が鐘楼のすぐ近くに見えていました。



 2014年にみごとな藤の花が元修道院の建物を覆うように咲く姿に感嘆して、以後も何度か足を運んだのですが、休園だったり感染拡大防止のための規制があったりして、入ることができずにいました。

 今年こそ見られるだろうと、アントネッラと訪ねるのを楽しみにしていたのですが、今はペルージャ大学農学部の学舎として使われている元修道院には、大学が休みである土日は入れないとのことで、またも藤に会うことができませんでした。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23021583.jpg

 けれども、鐘楼の屋根の上にある円球を、かつてなんと自ら登って掃除していたというサン・ピエートロ教会の神父さんを、アントネッラがよく知っていたおかげで、その神父さんにあいさつするために、

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23045813.jpg

あいさつのための短い時間なら無料でいいよと、入り口で言ってくれた男性の言葉に甘えて、久しぶりに教会に入ることができました。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23055604.jpg

 祭壇の後方、上の写真では中央に写っている扉は、たいていの場合は閉ざされているのですが、この日は幸い開いていて、

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23073427.jpg

神父さんの後ろについて小さなテラスに出て、緑の風景を楽しむことができました。写真の奥、やや右手に霞んで見えている横長の台形の山は、

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23085245.jpg

アッシジ歴史的中心街を中腹に抱くスバージオ山です。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23093284.jpg

 神父さんにあいさつをし、教会を後にしてからは、かつて見た別の藤の花を見ようと、ペルージャ外国人大学の方を目指して歩きました。門を通って後ろをふり返ると、アーチの向こうに教会の鐘楼が見えています。


 目指して歩いたのは、こちらの藤です。たどり着いてみると、残念ながら、上の写真と同じ角度からは、花にそれほど勢いがないように見えたのですが、アントネッラに言われて、扉が開いているのに気づき、中に入ってみると、

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23160297.jpg

下方の藤はまだ花盛りで、

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23170791.jpg

きれいに咲いていました。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23173504.jpg

 そうして、傾き始めた夕日にほんのりと染まる藤の上に、白い月も小さく見えました。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23181789.jpg

 遅くなってしまったからと帰りを急ぐと、上空をツバメたちが飛び交っていました。

藤の花求めて友とペルージャめぐり_f0234936_23185670.jpg

 一番近道に思えた道を歩いていたら、奥にこんなみごとな藤が咲く家もありました。

 久しぶりに友達に会って、おしゃべりと散歩、撮影を楽しむことができてよかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2023-05-11 23:22 | Umbria