イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭

 雨降る庭に次々に、バラと自生の蘭が咲いてうれしい今日この頃です。

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481341.jpg

 夫の祖母が大切にしていたバラにつぼみが育ち、

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481309.jpg

 わたしの誕生日にとかつて夫が贈ってくれたバラも、毎日降る雨に潤って、

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481304.jpg

少しずつ花が開いています。

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481262.jpg

 とても芳しい紅のバラもつぼみがまもなく開くことでしょう。

 さて、あれは先週だったか庭の草刈りをするように義父に言われた夫は、「今から咲く花があるから、その花が咲いてから草刈りをする」と答えて、雑草をしばらく放置していたのですが、

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481291.jpg

そのおかげでこちらの野生のラン、ヒマントグロッスム・アドリアティクム(学名 Himantoglossum adriaticum、イタリア語名 barbone adriatico)があちこちに育ち、花も咲き始めました。ターバンを頭に巻いたアラビアの王子さまが両手を腰に当てて踊っているような風情の花が、地面に近い下の方から咲いていっています。

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481230.jpg

 こちらの野生のラン、セラピアス・ヴォメラケア(学名 Serapias vomeracea、イタリア語名 serapide maggiore)も、庭のあちこちに咲いています。

バラとターバン王子のラン次々に花開く雨の庭_f0234936_17481200.jpg

 雑草が育つので、庭を歩くたびにマダニに噛まれはしないかと心配していたのですが、その草の間からあちこちに珍しいランの花が咲くのを見ることができて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:我が家のガーデニング・家庭菜園
by milletti_naoko | 2023-05-14 17:51 | Fiori Piante Animali