イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18105120.jpg
 2年前の6月のことです。紫陽花が彩るボルセーナの村と湖の散歩を楽しんだ帰り道に、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_17204273.jpg
Bolsena (VT), Lazio 16/6/2021

テベレ川のダム湖であるコルバーラ湖(Lago di Corbara)の湖畔にある村、チヴィテッラ・デル・ラーゴ(Civitella del Lago)に立ち寄ると、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_17105281.jpg
Civitella del Lago, Baschi (TR), Umbria

雲の下からのぞく空が夕日に茜色に色づき、コルバーラ湖もほんのりと赤らんで、きれいでした。

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_17263507.jpg

 中世の町並みが美しい村は、花に彩られ、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_17283191.jpg

ケッパー(capperi)の花も咲いていました。

 コルバーラ湖にかかる橋の一つはもうずいぶん前から工事中で、今も信号による片側交互通行が続いているのですが、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_17292982.jpg

この日はちょうどその橋がセメントを流すために全面通行止めとなっていました。そのため、普段通っている下の地図でオレンジ色で記した道を通ることができずに、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18030525.jpg
Google Maps

山あいの道を通って南方へと下っていかなければいけませんでした。そのために、行きも帰りもかなり遠回りすることになり、帰り道にせっかく通るのだからと、ジェラート休憩に

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18042821.jpg
Montecchio (TR), Umbria

モンテッキオ(Montecchio)に立ち寄り、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18105120.jpg

趣のある中世の町並みを散歩しました。

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18122554.jpg

 石造りの建物に花が

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18125115.jpg

彩りを添えていました。

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18132501.jpg

 いったいどうやってたどり着いたのだろうと思えるような城壁の穴の中に、猫がいて、

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18141693.jpg

写真を撮っていたら気配に気づいたのか、後ろをふり返って顔を見せてくれたりもしました。

 今になって、2年前のお話をするのは、今朝この二つの村を通る徒歩の旅に、夫が出発したからです。

美しく静かな緑・中世の村をゆく徒歩の旅に友と夫旅立つ Il Cammino dei Borghi Silenti_f0234936_18214218.jpg
https://www.camminodeiborghisilenti.it

 Il Cammino dei Borghi Silentiは、中世の町並みが今も残る小さな村や緑の静けさの中を、自然や風景を楽しみながら歩いていく91km、5日間の徒歩の旅です。今までに何度もいっしょにいろいろな巡礼の旅に出かけた友人夫妻が、昨日、6月6日火曜日からこのトレッキングコースを歩き始め、わたしたちも以前から誘われて興味を持っていました。

 ただ、実は先日ミジャーナの山の家に友人たちを迎える前日、金曜日に、夫は足に肉離れを起こしていましたし、わたしは木曜の朝に通訳を務めるオンラインミーティングがある上に、水曜日・金曜日に動かせない授業もあります。雨が続いてもいたので、夫は足の様子も見て、5日間の行程を友人たちは4日で歩ききろうと予定しているそのうちの1日か2日だけ参加するつもりだとは聞いていました。それが昨夕帰宅したときに、「明日からいっしょに歩くために、有給休暇も取った」と言うではありませんか。トーディに住む義弟と姪が日曜の大家族での昼食の際に、「もし足が痛んで歩けないようであれば近くだから車で迎えにいく」と言ってくれたこともあり、「足が痛んだら歩くのをやめてうちに帰る」と、足が本調子ではないことを心配しながら、今朝出発しました。




 夫が出発した今になって、この徒歩の旅を語る上の動画を見て、わたしも1、2日だけでも行けばよかったかなあと思いつつ、歩くだけならいいのですが、ペルージャから車で往復する必要もありますし、先週体調を崩したり国民の休日だったりしたために授業を休みにしたこともあり、今週もまた休むわけにもいきません。それに、木曜のオンラインミーティングは、事前にその際に質問したい内容について連絡があれば日本語に翻訳する必要があり、ミーティング後にはその要約に日本語の訳を添えて提出しなければいけません。

 通訳として参加すると、わたし自身が話している時間が長いのでメモを取るのは難しいため、2回目以降はミーティングを主催する日本企業にその録画をお願いしていたのですが、どういうわけかAI議事録は残っても録画はできていないという結果になり、3回目だった先週は事前に参加者全員の許可を得てわたし自身のパソコンでの録画を試みたものの、それも失敗してしまいました。そうして、AI議事録は、英語を日本語として、日本語を英語として理解しようとすることもあるために、とんちんかんで何の意味もない文字や言葉の羅列が4分の3を占める状況なので、思い出したり資料やメモを参考にしたりながら要約をまとめ上げるのにひどく時間がかかります。幸い、前回は自分がなぜ録画できなかったか分かったので、明日のミーティングについては、収録音声の質が悪くとも、少なくともわたしのパソコンでは録画することができそうです。


 閑話休題。上に引用したIl Cammino dei Borghi Silentiの地図中、ピンクで囲んでいるのは、わたしたちがかつて確実に訪ねたことがある村です。それ以外にも、今朝探してみて写真が見つからないものの、訪ねた記憶のある村もいくつかあります。そこで、最初はそういう村の写真を探し出して、徒歩の旅を紹介する記事に添えようと考えていたのですが、見つからない写真が多く、見つかっても写真が今ひとつである村もあるので、代わりに、2年前の旅の思い出から話し始めて、今回夫が参加する旅の話へとつなぐことにしました。

 興味がおありの方は、上のアックワロレート(Acqualoreto)のほか、グワルデーア(Guardea)でフユナラの巨木を訪ねたときの記事もありますので、よろしかったらこちらから記事をご覧ください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2023-06-07 18:58 | Umbria