イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました

 昨日は無事、午前9時54分発の電車でペルージャからオルヴィエートに行って、

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23374454.jpg
Castiglione in Tiberina (VT), Lazio 10/6/2023

徒歩の旅を終えた夫や友人たちと会うことができました。いつもの日本料理店で昼食を食べる前に、ラッツィオ州ヴィテルボ県の町、カスティッリョーネ・イン・ティベリーナ(Castiglione in Tiverina)を散歩したら、思いがけない出会いがあったのですが、それについてはまた後日詳しくお話しするつもりです。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23400378.jpg
Perugia, Umbria

 昨日の朝は最寄りのペルージャ大学駅まで、うちから15分ほど歩いていきました。切符は出発前にオンラインで購入しました。無人駅で構内には切符の自動販売機はなく、乗り込んですぐに車掌さんを見つけて切符が買えるとは限らないので、あらかじめ購入しておいた方が安くて確実だからです。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23400634.jpg

 カエデの種を風に乗せて運ぶプロペラの写真を撮影していたら、1分遅れて電車がやって来ました。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_00050314.png

 乗り換え時間が5分しかないのに、最初に乗った電車の運行が途中から7分ほど遅れていたのではらはらしました。わたしが乗り込んですぐに切符を検察しに来た車掌さんによると、乗り換え駅のテロントラ・コルトーナ駅(Stazione di Terontola-Cortona)では、わたしたちの乗った電車が到着するホームと同じホームの反対側に、乗り換えの電車が到着するので、階段の上り下りをする必要はないとのことです。けれども、たいていの場合は乗り換えに間に合うように電車が着くものの、乗り換え電車は、この電車の連絡の便(coincidenza)ではないので、もしこの電車が着かなくても待たずに出発してしまうそうです。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_00252916.jpg
https://prm.rfi.it/

 わたしは、検索してこちらのページを探し出して、自分たちの乗っている電車、RV4072が時刻表上の時間よりもどのくらい遅れて各駅に到着しているかを把握し、パッシンニャーノ駅を出発した時点で、数分の遅れが出ていたので、乗り換えに間に合わないのではないかと心配していました。

 ところが、すぐ近くの席に、わたし同様にオルヴィエートに行くためにテロントラ・コルトーナ駅で乗り換えなければいけない女性がいて、「乗り換えの電車も遅れていて、到着予定が10時43分となっているから大丈夫ですよ」と教えてくれました。この女性はこのあとさらに、スマートフォンにTrenitaliaのアプリをダウンロードすれば、自分の乗っている電車だけではなく乗り換えるべき電車の現時点での遅れを反映した到着予定時間も知ることができる上に、オンライン切符の購入も便利で、メールにアクセスする必要なしに、直接スマホに切符をダウンロードできるのでとても便利であることなどを、教えてくれました。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23400902.jpg
Stazione Terontola-Cortona, Cortona (AR), Toscana

 わたしたちが乗っていた電車はが乗り換え駅のテロントラ・コルトーナ駅に着いたときには、乗り換えの電車がまだ来ていなかったので、無事に乗り換えることができました。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23401275.jpg

 テロントラ・コルトーナ駅でも構内にひなげしの花が咲いています。

 空席が見つかりやすいようにホームの前の方へ行こうと、先にTrenitaliaのアプリなどの情報を教えてくれた女性といっしょに歩いていたら、警察官二人に呼び止められ、求められて身分証明書(Carta d'Identità)滞在証(Carta di Soggiorno)を提示しました。特に何かあったというわけではなく、通常の巡視なのだそうですが、この日は二つの電車で切符の検察に回ってきた車掌さんたちも、この二人の警察官たちも、全員が女性だったので、こういう場面でも女性がどんどん活躍しているのだなあと、なんだかうれしくなりました。

 最初に乗った電車は、フォリンニョ発フィレンツェ行きだったので、途中でトラジメーノ湖が電車から見えることは予想していたのですが、乗り換えたあとの電車からもしばらくの間トラジメーノ湖が見えたので驚きました。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_01222813.jpg
https://www.google.it/maps/

 家に帰ってからグーグルマップで確認してみて、どうして二つ目の電車からも湖が見えたのかが分かりました。

 同じ地方快速列車(regionale veloce)でも、フォリンニョ発だったウンブリアを通る路線は、主要路線から外れているためか、ペルージャから乗った電車にはエアコンが効いていないので暑かったのに、乗り換え電車はフィレンツェ発ローマ行きで、主要路線を走るからか、寒いほどにエアコンが効いていました。

 無事に乗り換えてオルヴィエートに行くことができるだろうかという不安を共有して、話をすることになった先の女性とは、結局次の電車で隣に座って、おしゃべりをしながら、いっしょに目的地へと向かいました。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23401505.jpg
Stazione di Orvieto, Orvieto (TR), Umbria

 オルヴィエート駅には、予定より6分遅れて、11時25分に到着しました。いつも車で行っているので、初めて利用したオルヴィエート駅を記念に撮影しました。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23401920.jpg

 オルヴィエート駅では、超特急であるフレッチャロッサ(Frecciarossa)が走る線路(赤い矢印で示した線路)が、わたしたちが乗った地方快速電車が走る線路(青い矢印で示した線路)からかなり遠いことに驚きました。上の写真は、トレッキングコースから撮影した下の写真の一部を切り取ったものです。

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_23402272.jpeg

 駐車場に車を駐車してあるという女性と駅前であいさつをして別れたら、そのすぐあとに、夫が車でやって来ました。友人たち二人が4日間で歩いた徒歩の旅に、2日目から参加した夫は、車をコルバーラ湖近くの村に駐車していたので、昨日の朝、友人たちに車で送ってもらって、自分の車でオルヴィエートまで来たのです。

 実はわたしは、昨日の朝は6時に目を覚まして、夫たちと話はつけていなかったものの、7時21分の電車でペルージャを出発し、8時56分にオルヴィエートに着く予定だったのですが、家を出る前に、切符のオンライン購入手続きをしていたら、支払いで手間取っているうちに、電車に間に合わない時間になってしまいました。けれども、結果的には、出発が遅くなってちょうどよかったです。と言うのも、夫たちとの連絡がついたのは朝8時半を過ぎてからで、夫たちはそのあと、夫の車へといったんコルバーラ湖の方へ戻ったりしなければいけなかったので、わたしが駅に着いた頃に夫たちもちょうどオルヴィエートに到着したからです。それに、幸い午後3時半頃までは天気がもったので、崖下周遊トレッキングコースは、昼食後に友人たちを別れたあとで歩くことができました

電車で無事オルヴィエートに行って夫・友人と散歩しました_f0234936_01542233.jpg
Anello della Rupe, Orvieto (TR), Umbria

 崖下では、季節が過ぎつつはあるものの、まだきれいに咲いているバラもたくさんありました。そうして、昨日は最後の方だけ雨に降られてしまったのですが、その話もまたいつか別の機会にしようと考えています。


Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:今日いち「ハピネス」だった事
by milletti_naoko | 2023-06-11 23:54 | Umbria