イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ

 6月30日金曜日は、例年6月下旬から7月初めにかけて、野の花が一面を彩って美しいカステッルッチョ(Castelluccio di Norcia)の高原を訪ねました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22004178.jpg
Pian Grande di Castelluccio, Norcia (PG), Umbria 30/6/2023

 朝、7時半過ぎにペルージャを出発したので、途中でバールに寄り道しても、10時前にカステッルッチョの広大な高原、ピアン・グランデ(Pian Grande)に着くことができました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22094012.jpg

 到着した頃には青空が広がり、日の光に花の色が鮮やかに見えました。

 色が際立つのは赤いひなげし(papavero)の花ですが、

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22125760.jpg

涼やかに青いヤグルマギク(fiordaliso)の花も咲いていました。

 上の3枚の写真を撮影した場所では、車道のすぐ近くに花が咲いているので、花を撮影しやすかったのですが、冒頭の写真で車が2台止まる道路の向こうに広がる畑では、道路と野の花の間に距離があり、「畑に足を踏み入れないように」と書いた看板があちこちに立っています。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22173043.jpg

 そこで、ズームを使って、ひなげしが一面を赤く彩る高原を撮影しました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22215413.jpg

 高原が標高1300mの高みにあるので、野バラがまだきれいに咲いていました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22231953.jpg

 赤と黄色の花のじゅうたんが、緑と共に帯のように高原を彩っています。

 途中から空がだんだん曇ってきて、気づくと空がすっかり雲に覆われていました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22254645.jpg

 途中で夫とはぐれてしまい、路上駐車した車に戻っても夫の姿がなく、電話をしても通じないので、近くの小道を行き止まりまで歩いてみました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22271581.jpg

 この写真で下の方に見える赤紫色の花は、今回初めてみたように思います。

 実は、この日カステッルッチョに向かったそもそもの理由は、そのすぐ近くにあるリエート山(Monte Lieto)カーナトラ溪谷(Val di Canatra)にも、先日見ることができた自生のシャクヤク(peonia selvatica)があると知ったからです。

 ただ、わたしたちはシャクヤクのある場所を知らないため、歩いても花が見られるかどうか分からない上に、渓谷の前に観光バスが止まっていたため、「せっかく高原を彩る花が美しい季節なのだから、まずはカステッルッチョの高原の花を見に行こう」ということになりました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22411599.jpg

 そこで散歩中、正午が近づいても、どうにも夫が見当たらないので、ひょっとしてカーナトラ渓谷まで歩いていったのではないかと思い、わたしも畑の間の道を通って、渓谷に向かうことにしました。

 色とりどりの花が路傍を彩り、

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22421047.jpg

蝶もあちこちで見かけました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22424301.jpg

 渓谷まではどうも遠そうなので、上の写真の奥に見える、紫や赤の花が咲く畑まで歩いてから、夫に電話が通じるかどうか試してみようと考えていたのですが、

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22441916.jpg

その畑が近づいてくると、すぐそばに羊の群れと牧羊犬がいるのが見えたので、美しい畑が見られるはずなのに残念だとは思いながらも、「君子危うきに近寄らず」と引き返すことにしました。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22463649.jpg

 路傍に咲く紫色の花がきれいです。

 シビッリーニ山脈(Monti Sibillini)の最高峰、ヴェットーレ山(Monte Vettore、2476m)の山頂は、もうすっかり雲に覆われています。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22502682.jpg

 上の写真で、速度制限時速50kmの標識が立つそのすぐ前に、夫の車があります。車の鍵を持っていた歩き疲れたわたしが、車に乗り込んでしばらくしたら、夫もやってきました。

 二人で車内に並んで座り、お互いに電話をしてみても、カステッルッチョ中心街のすぐ近くだというのに、なぜか電話が通じません。やはりTimやVodafoneなど、自社の電話網を持つ電話会社の方が、人里離れた山などでも電話が通じやすくて安全なのだろうかと、改めて思いました。料金が安いからと、わたしはCoopVoce、夫はho. Mobileを利用しているのです。けれども、この日の夕方の授業の時間をいつにするかについて、ペルージャに引っ越したばかりの少女とはチャットアプリ、WhatsAppでチャットを通して時間を決めることができたので、夫とはなぜ電話が通じなかったのか不思議です。

野の花が高原を赤に黄に彩るカステッルッチョ_f0234936_22595635.jpg

 上の写真は、朝、カステッルッチョ中心街に着いて、高原へと車で道路を下っていく前に撮影したものです。七夕の短冊が緑の葉の笹の間に並べてあるようにも見えます。

 例年に比べて、花が咲く畑が少ない上に、ヤグルマギクが青く彩る畑が見当たらないのが不思議で、わたしは「写真を撮ろうと人が畑に踏み込むことがないように、花の種をまく場所を制限したのかしら」と思ったのですが、夫によると、今年は5月に長い間雨の日が続いて、気温が低かった上に種まきの時期も遅れたので、咲くのはまだこれからという花も多いのではないかということです。いずれにせよ、カステッルッチョの高原を彩るひなげしやヤグルマギクの花を、久しぶりに見ることができて、うれしかったです。

 この日の帰りに雨に降られたこと、バールでカフェインレスコーヒーを飲んだことについては、すでにこちらの記事の後半に記しています。最近は睡眠不足気味の日が続き、学校に行くたびにバールでカフェインレスコーヒーを飲み、うちでも眠気覚ましのためにと、今日も昨日も、モカエキスプレスに、小さじ山盛り1杯の粉末コーヒーを入れて、極めて薄いコーヒーを沸かして、豆乳と黒砂糖をたっぷり入れて飲んでいます。そのうち、またカフェインに慣れて、普通のコーヒーを再び飲み始める日も遠くないかもしれません。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:この夏行くなら海?山?
by milletti_naoko | 2023-07-07 23:14 | Umbria