イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23092585.jpg
 7月29日土曜日、クッコ山での夕食後、茜色の空の下を家路へと出発したわたしたちは、せっかくだからと、少し遠回りをして、そう遠くないグッビオ(Gubbio)の町を訪ねることにしました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_22301065.jpg
Gubbio (PG), Umbria 29/7/2023

 グッビオは、古代ローマ以前から古代ウンブリア文明の歴史がある、中世の町並みの美しい町です。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_22415262.jpg

 いつになく駐車場も路傍もどこも車がずらりと並んでいて、中心街も特に入り口付近は大勢の人であふれていたので(上の写真は、人が比較的少なくなったあたりで撮影したものです)驚いていたのですが、

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_22440991.jpg

中心街に掲示されたこのポスターを見て、この土曜の晩が、第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会(20° SpencerHill Festival)の最終日前夜だったことを知りました。

 最近でこそ舞台がスポレートに移ってしまったものの、グッビオは長い間、イタリアの人気長寿推理ドラマ番組、『Don Matteo』の舞台でした。日本では2016年に、『マッテオ神父の事件簿』という題で放映されたようです。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_22550473.jpg

 グッビオの町には、テレンス・ヒルが演じる主人公、神父のドン・マッテーオが、親友のチェッキーニ准尉としばしばチェスに興じた上の写真のホテル前のテーブルを始めとして、

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_22570901.jpg

この人気ドラマゆかりの場所があちこちにあります。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23021078.jpg

 マカロニウエスタンなど、多数の映画で名コンビとして活躍したバッド・スペンサー(Bud Spencer)テレンス・ヒル(Terence Hill)のファンの公式大会がグッビオで催されるのは、きっとそのためでしょう。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23035720.jpg

 この晩は、グッビオの町角やショーウインドウなど、あちこちで、この二人の姿があるポスターや絵を見かけました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23045568.jpg

 二人がオートバイで行くTシャツもあれば、

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23052982.jpg

二人が満足そうに、グッビオの食後酒、Amaromattoを手に乾杯するポスターもありました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23081847.jpg

 月が輝く中心広場から下方を見下ろすと、

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23092585.jpg

コンサートが催され、露店も出ているようです。

 そこで、ジェラートを食べてから、このコンサート会場らしき広場へと向かいました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23101881.jpg

 けれども、周囲には金網が張りめぐらされていて、何人かの人がその外側から中を見ようとしています。そこで、わたしたちも少しだけのぞき見をしてから、会場を後にしました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23143681.jpg

 夫に言われて初めて、クレーンを上下する台に、人が少なからずいることに気づいて、驚きました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23154885.jpg

 グッビオからペルージャまでは車で約1時間です。駐車場から中心街までかなり歩いたためもあり、中心街を1時間ほど散歩したあと、午後10時半頃に中心街を後にしました。

Gubbio 20° SpencerHill Festival グッビオ 第20回バッド・スペンサー&テレンス・ヒル公式ファン大会_f0234936_23183731.jpg

 駐車場へと戻る途中には、照明に照らされた古代ローマの円形劇場の傍らも通り過ぎました。

 クリスマスの時期には、色とりどりの明かりが世界最大のクリスマスツリーを描き出す斜面も、夏の今は暗く、町の守護聖人、聖ウバルドの遺体が眠る教会とその前の十字架だけが、冬と同じように輝いていました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ: 【ギフト券プレゼント】夏の1枚コンテスト 2023
Commented by koito_hari616 at 2023-08-09 11:27
こんにちは

此方のミステリーは全然知りませんで江下
テレンス・ヒルは大好きですのに。。
一度、ネットで調べてみます
英国ドラマで「ブラウン神父の事件簿」は見ていました
アマゾンで。。う~~ん調べます♪
Commented by katananke05 at 2023-08-09 13:44 x
この神父様のドラマ、、
タイトルは 新聞の番組欄で
見てましたが、、
映画のロケ地などは 観光客の評判になり 賑わいますね〜
我が家の近くではアニメにつかわれた 鎌倉の
高校前 江ノ電の海に面した踏切が
いつも カメラを持った多くの人で
にぎわってますよ〜 
Commented by cut-grass93 at 2023-08-10 07:57
石造りの壁の夜景は格別に美しいですね。
こんなにきれいだと、深夜まで遊んでしまいそう。(^^♪
Commented by milletti_naoko at 2023-08-13 02:59
結うさん、なんとテレンス・ヒルがお好きなんですね!
イタリアではこのDon Matteoほか、Un passo dal cieloという番組でも最初の数シリーズは主人公を演じて活躍していました。どちらのドラマでも、何でもできて人柄もよく頼りになる主人公を演じています。かつてAXNミステリーで放映があり、たまに再放送があるようなのですが、NHKなど無料のチャンネルでもいつか取り上げられますように。

Don Matteoは推理物なのですが、家族ドラマや恋物語もあり、コメディの要素もあって、見ていて楽しく、大好きです。
Commented by milletti_naoko at 2023-08-13 03:04
katananke05さん、グッビオの中世の美しい町並みや歴史と伝統のある祭りがドラマで何度も取り上げられ、観光客も増えたと聞きました。なんとアニメで使われた踏切がお近くにあって、そんなに人気なんですね! わたしは映画と漫画『海街diary』で、中学生の頃に学校遠足で訪ねただけの鎌倉と江ノ島の風景を見られて、懐かしかったです。イタリアのテレビで映画の放映があって、漫画も日本から取り寄せて読みました。
Commented by milletti_naoko at 2023-08-13 03:06
草刈真っ青さん、おっしゃるように石造りの町は、街灯に照らされた風情もまたすてきだなあと思います。

最近はイタリア中で夏の祭りがあり、皆が遅くまで遊んでいるようです。
by milletti_naoko | 2023-08-08 23:24 | Umbria | Comments(6)