イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21452498.jpg
 シビッリーニ山脈での1泊2日旅行の前夜、夫は旧友たちとの会食に出かけたため、わたし一人で、夫が歩きたいと言う目的地への登山道を調べ、宿を探したのですが、8月に入り好天が続いていたため、平日でも前日になって探したのでは、ちょうどよさそうな場所に宿が見つかりません。2016年のイタリア中部地震で、シビッリーニ山脈のマルケ側では多くの家が倒壊し、再建はようやく動き出したものの、仮設住宅に暮らす方も今なお多い状況だからでもあります。

 夫の希望どおり初日にアンブロ川の水源まで行けば、かなり長時間で標高差も多いトレッキングになりはしますが、出発地点のファルニョの山小屋からペルージャの我が家までは115km、車で2時間10分ですから、いざとなれば車でペルージャに戻ろうと、水曜の朝は宿が決まらぬまま出発しました。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_19091912.jpg
Visso (MC), Marche 9/8/2023

 水の豊かな美しい村、ヴィッソ(Visso)で、おいしい水をペットボトルに給水します。中心街はいまだに危険のため立ち入り禁止となっているものの、村はずれにレストランやカフェがあり、活気のあるヴィッソに宿を取りたいと考えたのでしょう、この近くにあったB&Bの看板を見て夫が電話をしたのですが、この晩は満室でした。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21220713.jpeg
http://www.sibillini.net/il_parco/gps/mappaSisma.jpg

 ところが、そのあと、翌日に登ったカルドーサ山(Monte Cardosa、1818m)へと登っていく悪路があるヴィッソ(Visso)から、この日、1日目の登山の出発地点、ファルニョの山小屋(Rifugio del Fargno、1811m)に行こうと、カサーリ(Casali)に向かって、ウッシタ(Ussita)の道を車で走っているときに、

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21322470.jpg

夫がレストラン(Ristorante)ホテル(Hotel)という看板を見つけました。夫が車を止め、わたしが店の人に尋ねると、空室があって朝食込みで1泊80ユーロとのことです。そこで、この宿に泊まることにしました。今日、インターネットで調べてみると、2016年の地震以前には、上の写真にある後方の建物がこのウッシタ(Ussita)ホテル・レストラン、Crystal Chaletであったようで、再建がかなり進んでいるように見えます。けれども、以前の建造物はまだホテル・レストランとしては機能していません。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21410266.jpg

 代わりに、現在は、上の写真で前方にボーヴェ山(Monte Bove)が見える道の両側にある建物が、レストラン、ホテルとして利用されています。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21433765.jpg

 ボーヴェ山に向かってこの道に立つと、その左にレストランが、

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21443315.jpg

右にホテルが建っています。

 登山を終えて宿に戻る途中、車の中でインターネットで調べてみると、レストランの評価も高いようです。宿で鍵をもらって、客室に入ったときにはもう7時半になっていました。そこで夕食も、宿のレストランで食べることにしました。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21452498.jpg

 どの料理もとてもおいしかった上に、近いとは言え、隣村のヴィッソまで車で行くには疲れていたので、この店で食べることにして、本当によかったです。わたしは小羊肉、

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21502109.jpg

夫は鹿肉の料理を食べました。どちらも肉料理には、少し野菜がついていたのですが、わたしはインゲン豆、夫はローストポテトをつけ合わせの野菜として選びました。子羊の肉は最近どこで食べても骨がかなり多いので、いったい肉はどのくらいあるのだろうという疑問が残るのですが、食べられる機会が少ないので、あるとつい頼んでしまいます。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21532514.jpg

 以前時々通っていたサルナーノのレストランでかつてハウスワインだったおいしいワイン、Lacrima di Morro d'Albaをメニューに見つけて、注文は瓶かグラスでとのことだったので、夫もわたしもグラス一杯ずつ頼みました。もともとおいしいワインが、瓶を開けたてでもあったのでしょう。とてもおいしかったので、うれしかったです。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_21562088.jpg

 デザートには夫が甘いサラミ(salami dolci)を注文し、わたしも一つ食べました。スポレートでかつて食べた甘いサラミは食感がかりっとしているのに対し、こちらは柔らかかったのですが、おいしかったです。夕食料金が二人で53ユーロというのは、わたしたちにしてはかなり高いのですが、最近は食材もレストランでの食事代も値上がりしていますし、とびきりおいしい食事を、思いがけず宿のレストランで楽しむことができて、とてもよかったです。食にはうるさい夫が、何もかもおいしいと満足していたほどです。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_22031371.jpg

 かつての古い扉やテーブルをうまく利用しているのもいいなあと思いました。かつて夫とわたしが二人で暮らしたことがあるウンブリアとトスカーナの州境にあった家、義母が生まれ育った家の扉とテーブルも、ちょうどこんな色合いと風情でした。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_22045731.jpg

 高峰に囲まれた渓谷にあるため、夜はひんやりとしていたのですが、それでも外で食べている人がいるのを見て驚きました。まあ、先週クッコ山で夕食を食べたときは、風も吹いて寒いほどだったので、他の客は皆が店内で食べていた中、わたしたち二人だけがずっと外で食事をしたのではありますが。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_22090067.jpg

 朝食はイタリア風の甘い朝食でした。飲み物にカフェラッテを頼んだら、コーヒーと温めた牛乳をそれぞれ別の容器に入れて、テーブルに運んでくれました。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_22130812.jpg

 宿もレストランも、本来の建物の再建を待って、プレハブ住宅を利用しているのではないかと思います。

おいしくて地の利もいい山の宿 Crystal Chalet Ussita_f0234936_22154121.jpg

 わたしたちの部屋は1階でしたが、2階からはボーヴェ山ばかりではなく、その左手にそびえる山も見えました。

 翌日は、来た道をヴィッソへと戻り、カルドーサ山へと車で登っていったので、この宿は行きも帰りも通る道沿いにあって、地の利もとてもよかったです。思いがけずいい宿に泊まることができて、本当に助かりました。

******************************************************
Tutto squisito & servizi gentili
Crystal Chalet Ussita, Monti Sibillini
******************************************************

Crystal Chalet, Ristorante Hotel ad Ussita
Via Piè la Costa 1, Ussita (MC), Marche
Tel. : 366 3729450, 331 1756577
Email: Bartolettiluisa@libero.it
FB : Facebook - Crystal Chalet Ussita

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:私の推し活!~推しは○○です~
by milletti_naoko | 2023-08-12 22:22 | Marche