イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と

 今日、8月15日は、古代ローマ時代から夏の祝祭日、休みであったフェッラゴスト(Ferragosto)で、この日前後はイタリアでも大勢が休暇旅行に出かけるほか、この日は、海や山、川に出かけて過ごす慣習があります。イタリアのカレンダーでは、聖母被昇天の祝日(Assunzione della Beata Vergine Maria)で国民の休日になっています。今朝からもう何度か、「フェッラゴストおめでとう!(Buon Ferragosto)」というメッセージが届いたり、SNSで投稿を見かけたりしています。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18071532.jpg
Panorama dalla cima del Monte Cardosa, Monti Sibillini 10/8/2023

 というわけで、わたしも先週木曜に登ったカルドーサ山(Monte Cardosa 1818m) の頂上からの眺望と共に、皆さんにフェッラゴストのお祝いを申し上げます。写真中央付近、奥に見える頂上が雲をかぶる山が、シビッリーニ山脈の最高峰、ヴェットーレ山(Monte Vettore、2476m)で、写真には写っていませんが、ヴェットーレ山の前には、カステッルッチョの高原が広がっています。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18243863.jpg
Il Laghetto, Visso (MC), Marche

 山を下り、大きなでこぼこや穴もあるひどい悪路を十数kmゆっくりと車で下ったら、ふもとの村に着いたときには午後3時前になっていました。レストランなどは閉まっている時間だったので、ヴィッソ(Visso)の池のほとりにあるバール、Il Laghettoで切り売りピザを買って食べました。温め直してくれたピザは、思いのほかおいしかったです。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18291570.jpg

 清らかな湧き水もありそうな、噴水もある池(laghetto)のすぐ傍らで食べることができて、眺めもよく、暑い日でしたが、清水の近くは空気が涼やかに感じられました。奥の方に遊具もあり、池のある公園のそばにバールがあります。

 今日はわたしは、夫や義家族たちとペルージャの家で、いつもの日曜の大家族の昼食の席で過ごします。この日前後は海も山も川も湖も旅行客であふれ、そうして道路も渋滞することが多いため、何もわざわざそういう日に出かけなくても家で過ごした方がいいようにわたしは思いますし、実は夫は、1泊2日の登山旅行から帰った翌日、金曜の午後から、アドリア海岸のリミニにある友人宅に行って、海で過ごしていました。わたしは金曜には日本語の授業があり、8月に入って混雑する海辺で日を浴びるのは好きではない上に、友人たち自身は仕事などでどうも忙しいようでもあり、ペルージャの家に残ることにしました。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18384499.jpg

 そうして、そのおかげで、日曜日は、わたしがお義父さんといっしょに昼食を食べたので、上階に住む義弟夫婦も安心して旅行に出かけ、トーディの義弟家族も、わざわざペルージャまで来ずに、旅行から帰ってくる娘たちを迎えることができたことと思います。畑で次々にズッキーニが取れるので、パスタの具は、ズッキーニ、タマネギとパンチェッタでした。わたしと夫が食べるときは、二人分として130〜140gの乾燥パスタをゆでて、それでちょうどいいのですが、お義父さんは「ぼくはたくさん食べるよ」と言います。以前夫も交えて3人で食べたときに、300gでちょうどよかったことを思い出して、230gのパスタをゆでたら、それでもすべてなくなったので、畑で働くお義父さんにはやはりパスタのエネルギーが必要なのだなあと思いました。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18434587.jpg

 セコンド、肉料理には、豚肉のしょうが焼きを作りました。お義父さんに食べてもらうのは初めてだったので、しょうがの量を少し控えたのですが、おいしいと喜んでくれたのでよかったです。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18454098.jpg

 最近では、夫のトマトも、次々に畑で収穫できていて、甘くておいしいです。

 金曜は、わたしが2時間の日本の授業に出かけている間に、夫は保存用トマトソースを作って、海の友人宅へと出発しました。

Buon Ferragosto! 海・山で過ごす人多い今日わたしは家で大家族と_f0234936_18463194.jpg

 台所に並んでいたトマトソースの瓶は、すでに煮沸消毒してあるのだろうと思い込んでいたら、「日曜には昼食前に帰るよ」と電話をしてきた夫から、煮沸消毒はまだしていないと聞き、昨晩になって慌てで、大きな鍋に瓶を入れて水を張り、お湯を沸かして煮沸消毒しました。

 さて、そろそろ再び昼食の準備に取りかかることといたします。日本では台風が来るなど、大変な状況であるようですが、どうかよい1日をお過ごしくださいませ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ: 【ギフト券プレゼント】夏の1枚コンテスト 2023
Commented by manyouka at 2023-08-15 19:19
教会で盆ミサが行われるということを知ったとき、
何でキリスト教がお盆なのか不思議でした。
謂れがわかった気がします。
Commented by milletti_naoko at 2023-08-15 22:08
万葉さん、盆ミサと言うのですね! 今日はキリスト教の祝祭日なので、もともとの古来の異教徒の慣習を踏襲しての祝祭だったように思うのですが、教会ではミサも行われます。

世界中の祝祭や慣習は、四季や1日の長さ、農業の営みなどに由来していることが多いので、結局は同じような時期に祝うことが多いのでしょう。おもしろいですよね。
Commented by cut-grass93 at 2023-08-16 07:45
このトマトの写真を見ると
さすがトマトが好きなイタリアだという感じがしました。
色つや、ふくらみ
全てが日本で見る物とは全然違う。
とても美味しそうです。
イタリアでは主として料理用という風に
勝手に理解しているのですが
そちらではトマトを果物のように
生では食べないのでしょうか。
Commented by koito_hari616 at 2023-08-16 14:02
こんにちは

8月15日が私の受洗記念日です(ブログにも書きましたが)
当時の主任司祭が(カナダの宣教会ブラザー)
忘れやすいのでカレンダーの中で動かない祝日を
指定してくださいました
8月15日以外はクリスマスの12月25日です
ご復活祭は年によって動きますから。。。
有難いことです。。。忘れません♪
そちらでは、お祝いですね。。。羨ましい事です♪
Commented by milletti_naoko at 2023-08-17 04:46
草刈真っ青さん、わたしも日本で見かけたトマトとはかなり色が違うなあと感じています。実は、まだそれほど熟していないトマトも、収穫してしばらく置いておくと、どんどん赤くなるのですが、どうでしょう、日本のトマトは品種が違うので、完全に熟していないので赤くないというわけではなく、赤さが元から違うのかもしれませんね。

こちらでも特に夏は生で食べる機会が多いんですよ。サラダに混ぜて入れることもあれば、モッツァレッラチーズと共にサラダの主役として生で食べることもあります。
Commented by milletti_naoko at 2023-08-17 04:54
結うさん、こんばんは。
なるほど、そういう理由で洗礼記念日がこの日になったのですね! 司祭さんに、この日を忘れないでほしいという強い思いがあったのでしょうね。
Commented by katananke05 at 2023-08-17 09:46 x
このくらいの真っ赤なトマト、、数も20個で 千円でしたよ〜
わたしは 1/3くらい使って
トマトソース作って消費しましたが、、

8月15日が キリスト教でもお祝いの日とは 偶然ですね〜
クリスチャンながら 暑さでこの日は 協会にいったことない
あたくし、、 反省です〜
Commented by milletti_naoko at 2023-08-17 16:15
katananke05さん、そうなんですね!
このトマトたちはかなり小ぶりなのですが、甘くておいしいです。雨が降らないからか皮がかためのトマトもありはするのですけれども。トマトソースも作られたんですね!

8月15日はイタリアでも、教会でミサは行われるものの、海や山、旅行に出掛けてミサに行かない人が少なくないように思います。
by milletti_naoko | 2023-08-15 18:50 | Marche | Comments(8)