イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

歴史・収集数びっくり香水博物館、モリーゼ小村研ぎ師の村から香水の里に

 今日はサンテーレナ・サンニータ(Sant'Elena Sannita)という小村にある香水博物館(Museo del Profumo)を訪ねました。

歴史・収集数びっくり香水博物館、モリーゼ小村研ぎ師の村から香水の里に_f0234936_19295312.jpg
Museo del Profumo, Sant'Elena Sannita (IS), Molise 21/8/2023

 ヨーロッパ近現代の歴史上大切な香水が多数展示されている博物館で、興味深い説明を、時に香りを実際にかぐ機会も与えてもらいながら、楽しみました。

歴史・収集数びっくり香水博物館、モリーゼ小村研ぎ師の村から香水の里に_f0234936_19302157.jpg

 上の写真には、手前に植物園が、奥に村の歴史的中心街が写っています。

 かつて村では、ハサミやナイフなどといった刃物の研ぎ師を仕事とする人が多く、近隣で各戸を訪ねて、刃を研いで回っていたのだそうです。それが、第一次世界大戦後には、需要が減ってしまったため、ローマやナポリなどの大きな町で働くようになり、理髪師の仕事を請け負ううちに、それまで見たことがなかった刃のカミソリや香りつきの石けんなどを村に持ち帰って売るようになり、ゆくゆくはローマで次々に香水屋を開くことになり、村で一括して大きなブランドから取り寄せていたために、その注文数も数千などと多数だったそうです。

歴史・収集数びっくり香水博物館、モリーゼ小村研ぎ師の村から香水の里に_f0234936_19324767.jpg

 かつてはそうして、ローマで香水屋として店を営み、成功した村人が多く、一方、村では産業がないため仕事に困る人が大勢いたため、ローマに来て仕事を手伝うようにと、働く人を募り、ローマへと呼び寄せていたそうです。

 それが近年になって店を畳まざるを得ない状況に追い込まれる村人が増え、村出身で香水屋として活躍した人々の歴史を語り継いでいこう、そのために香水の博物学を作ろう、そして、村の周辺地域の植物を用いて村の風土や暮らしを反映した香水を作ろうと、財団を設立したのだそうです。

歴史・収集数びっくり香水博物館、モリーゼ小村研ぎ師の村から香水の里に_f0234936_19330369.jpg

 博物館では、村の財団が生み出した香水も香りを楽しませてもらいました。いっしょに説明を聴いた若者の一人は、その香水の一つに一目惚れしてずっと使っていると言っていました。説明のあとは植物園も訪ね、とても充実した訪問となりました。

Museo del Profumo
Via del Profumo, 1 - Sant'Elena Sannita (IS), Molise
Tel. : 0874 890059
Email: segreteria@ilmuseodelprofumo.it

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:私の推し活!~推しは○○です~
by milletti_naoko | 2023-08-22 05:58 | Molise