イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道

 去年の9月は9月18日から21日まで、トスカーナ州マレンマで、海とトレッキングを楽しみました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_17132407.jpg
Marina di Alberese, Grosseto (GR), Toscana 21/9/2022 10:54

 そうして出発日だった9月21日も、朝10時半過ぎから午後2時半過ぎまで、4時間ほど海辺で、波打ち際を歩いたり、泳いだり、

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_17280192.jpg
14:38

本を読んだりして海を満喫してから、ペルージャへの帰途につきました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_17291067.jpg
14:56

 マレンマの村から海辺へと向かうたびに通った松林と

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_17301960.jpg

牛たちが放牧された平原を、車窓から眺めて写真を撮りました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_17363449.jpg
https://www.google.com/maps/

 それから、少し遠回りにはなるのですが、北方にある岩山に築かれた村、ロッカストラーダ(Roccastrada)へと向かいました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18020104.jpg
Roccastrada (GR), Toscana 15:40

 この村に巨木があると、マレンマ自然公園の観光案内所の人が教えてくれたからです。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18091503.jpg
16:14

 さて、この岩山と溶け合うように築かれた町並みに風情があり、村の展望台からの眺めがすばらしいことについては、


すでに昨年、こちらの記事でお話ししているのですが、

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18111746.jpg

そんなふうに見晴らしのいい展望台に出るまでの間に、両側に高い建物がびっしりと並ぶ

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18123622.jpg

道を歩いていくのも、何だか迷路の中を歩いているようで、おもしろかったです。


 結局は、目的の巨木に出会うことはできなかったのですが、おかげでこのロッカストラーダの村を訪ねて、おいしいハンバーガーを食べることができました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18170573.jpg
17:44

 村を後にしてからは、緑の多い山道を進むこともできました。このとき、時々向こうの丘の上や、道路標示に、いつかまた訪ねてみたいと思う村もいくつかありました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18185220.jpg
Siena, Toscana 18:23

 この日は帰り道にシエナ(Siena)の町並みも見えました。

ドライブも楽し海青きマレンマからペルージャへの帰り道_f0234936_18244189.jpg
19:05

 日の入りの前にトラジメーノ湖に着いて、夕日を見送ることができればと思っていたのですが、



夕日はわたしたちが到着する前に沈んでしまいました。けれども、たそがれの湖畔でおいしいジェラートを楽しみました。

関連記事へのリンク
- 崖上のチヴィタ・ボルセーナ湖の眺め楽しみトスカーナのマレンマに
- 丘登れば風情ある修道院跡すばらしい海岸の眺め、マレンマ・トスカーナ
- 今年初めて泳ぐ海を夕日染めて美しいマレンマの浜
- クマさんのカプチーノで朝食 海で歩き泳いで さらばマレンマ

 この記事の写真の大半は、去年の秋に、上のリンク先の記事、「たそがれの湖畔の村でジェラートただいまウンブリア」に載せようと思って選んでいました。けれども、考えた結果、たそがれの湖畔だけについて記事を書いて投稿し、残りの写真はいつか使おうと、デスクトップのフォルダの中に放置していました。昨日、このフォルダに気づき、ようやく写真を記事に使うことができました。その際、写真のうち2枚は別の写真と差し替えました。

 さて、去年のマレンマ旅行については、旅行中にスマートフォンから四つ、ペルージャに帰宅してから三つ、記事を投稿して、うち帰宅後に投稿した記事3本については、今日の記事中にリッチリンクを付しています。この記事を書くための参考に、これらの記事を読み直したら、旅行中に書いた記事4本のうち、スマートフォンの写真とカメラの写真を差し替えてあるのは最後に書いた記事だけで、あとの記事はスマホの写真のままであることに気づきました。そこで、いつか写真を差し替えるため、また、この旅行についてさらに詳しい記事を書き、また記事執筆を意識して撮りすぎていた写真を取捨選択するための足がかりとしても、旅行中に書いた記事のリンクを最後に追加しておきました。パソコンに写真の占める量がかなり多くなってきたため、思いきって写真を整理するのに、いい機会にもなるはずです。旅行前で今はあまり時間がないのですけれども。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by cut-grass93 at 2023-09-08 20:04
添付のブログ3件
見たけれどあまり記憶がないのです。
でも私のコメントが載っているし。
記憶力、とてもヤバイです。トホホホ
Commented by koito_hari616 at 2023-09-08 21:08
こんにちは

松の並木。。。。って、日本の松の木を想像しましたが
ちょっと。。こちらで見る松の並木とあまりに趣が違って
しばし、眺めていました💦
Commented by dokkkoi at 2023-09-08 22:17
こんにちは。

イタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギの「ローマの松」を思い出しました。松は松でもイタリアカサマツだと思いますが、その松に似ていますね。

Commented by milletti_naoko at 2023-09-09 05:00
草刈真っ青さん、旅行中で写真が少なくて記事も短いので、記憶に残りにくかったのだと思います。

実際に旅行した本人のわたしでさえ、去年は行きがけにボルセーナ湖に寄って昼食を食べて散歩もしたことを、すっかり忘れていましたもの!
Commented by milletti_naoko at 2023-09-09 05:06
結うさん、こんばんは。
コメントを拝見して、そうか、並木ではなくて林の中だったと思い出し、「松林」と書き直しました。

そうなんです。イタリアの海辺などでよく見かける松は、こんなふうにビーチパラソルのような形をしているんです。日本の松とは形がかなり違いますよね。
Commented by milletti_naoko at 2023-09-09 05:13
ふばこさん、こんばんは。

曲を知らずにいたので、今聴きながら書いています。題名から想像するのとは違う、何だか自然の美しいおとぎの世界に舞い込んだような軽やかで華やかな音楽に驚きました。すてきな曲ですね。

おっしゃるように、ローマの松もイタリアカサマツだと思います。いつだったかローマで暴風で木が倒れたというニュースがあったとき、その木がやはりこのイタリアカサマツだったような。
Commented by katananke05 at 2023-09-09 21:42 x
この石畳の村?町は記憶にあります〜
もう1年近くたったのですね〜
恐ろし〜

最初のイタリア旅行でバスの窓からこの松を見た時は なんの木じゃろか、、と思ったことでした〜
ガイドさんがローマの松ですよといわれ、、 まるで刈り込んだようですね〜
Commented by milletti_naoko at 2023-09-10 16:47
katananke05さん、時の経つのは早いものですね!

この松は、イタリアでは海の近くに見かけることが多く、ビーチパラソルのような形をしているので、ビーチパラソル松とおもしろがって呼んでいた人もいます。

同じ松でもかなり違うのがおもしろいですよね。
Commented by goodlifegirl at 2023-09-11 14:42
海辺で読書って波の音を聴きながら、なんだか贅沢な時間に感じいいですね(^^♪
海辺の街は本当に迷路の中のような道は、冒険しているようで楽しいですね。
訪ねてみたい村がいくつもあるんですね、楽しみが沢山ありますね♪
帰り道のジェラートもいいな~美しい湖を眺めなら最高ですね(*´▽`*)
Commented by milletti_naoko at 2023-09-11 15:28
goodlifegirlさん、海辺で日に当たりながら、去年はルパンシリーズをフランス語で読んでいたのだなあと懐かしいです。

巨木のおかげで散歩することになった岩の村も、眺めもよくて迷路のような道も興味深かったです。

夕日には間に合いませんでしたが、たそがれの湖もきれいでした。ありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2023-09-08 18:47 | Toscana | Comments(10)