イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

野バラの実色づくペルージャ散歩道

 久しぶりにウォーキングを再開すると、ペルージャの中心街が見える道の傍らで、野バラの実がオレンジ色に色づいていました。

野バラの実色づくペルージャ散歩道_f0234936_17283574.jpg
Percorso Verde, Perugia, Umbria 11/10/2023

 春には、イヌバラ(rosa canina)のピンクのかわいらしい花が咲いていた枝のアーチに、


今はオレンジ色のローズヒップが実っています。

野バラの実色づくペルージャ散歩道_f0234936_17374809.jpg
 カエデや菩提樹の葉が少しずつ黄葉し、散り始めています。

野バラの実色づくペルージャ散歩道_f0234936_17341753.jpg

 西洋サンザシ(biancospino)の実も深い紅の色をしています。日中はまだ暑いものの、朝晩は肌寒くなり、小さな秋がそこかしこに認められるようになりましたが、映画館が建つこの道には、今も水着姿の女性の広告が立っています。

野バラの実色づくペルージャ散歩道_f0234936_17384382.jpg

 日中は暖かいからでしょう、もう10月だと言うのに、野生のキンギョソウ(bocca di leone selvatica)の花が咲いています。

野バラの実色づくペルージャ散歩道_f0234936_17474180.jpg

 西洋オーク(quercia)の木に、赤い色をした不思議なものを見かけたので撮影し、家に帰って調べてみたら、Andricus dentimitratusというハチが寄生したためにできた虫こぶ(galla)だと分かりました。

野バラの実色づくペルージャ散歩道_f0234936_17505089.jpg

 ふだんであれば、緑の丘とその上のペルージャ中心街がきれいに見晴らせるところは、今は駐車場にキャンピングカーがずらりと並んでいるので、丘の上の中心街が見えるばかりです。


 例年、10月上旬から11月初めにかけて、ペルージャ郊外の広大な駐車場、ピアン・ディ・マッシアーノに、大がかりな移動遊園地が設置され、射的小屋や露店などがずらりと並び、大勢でにぎわうのですが、今年は10月14日から11月12日とのことですから、その設置や運営に携わる人たちのキャンピングカーだと思われます。

 今年はなんとペルージャでの移動遊園地100周年記念の年とのことです。と言っても、最初は郊外ではなく、ペルージャ歴史的中心街で催されていたのだそうです。こんなふうに、季節の上でも行事を見ても、季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by cut-grass93 at 2023-10-12 20:03
そういえば去年この死者の市という名前のお祭りの
名前に驚きましたが、あれからもう1年になるんですね。
早いです。

ローズヒップティーを若いころ好んでよく飲みました。
懐かしい。
Commented by koito_hari616 at 2023-10-12 20:11
こんにちは

rosa caninaのローズヒップが可愛いですね♪
私も今日マンションの敷地でハナミズキのヒップを見ました
秋なんですね
蜂が寄生してできた虫こぶ まるで 実 のようです

移動遊園地 ヨーロッパならではですね。。
ロマンが有ります♪
Commented by milletti_naoko at 2023-10-12 22:19
草刈真っ青さん、そうなんです。中世以来の伝統のペルージャのお祭りの時期が近づいてきました。

ローズヒップティーをなんとお若い頃に飲まれていたとは! おいしいですし、ビタミンCたっぷりでいいですよね。わたしは今も時々買って飲んでいます。
Commented by milletti_naoko at 2023-10-12 22:21
結うさん、春に咲いた花に、日本でもイタリアでも実ができつつあるんですね。

そうなんです。この虫こぶ、初めて見て、いったい何だろうと思いました! 西洋オークにはドングリの実がなるんですよ。

わたしは遠目に見るだけなのですが、大学生の姪たちなどは移動遊園地のいろんなアトラクションを楽しんでいるようです。
Commented by sunandshadows2020 at 2023-10-13 05:58
そちらは秋の景色ですね。
ローズヒップの立派なこと、美味しいお茶になるのにと思ってしまいました。
また西洋オークの木の寄生虫が残したものも興味が湧きます。
一見花かしらと思えるほど(最もオークの花はとても小さく白っぽいのですが)。
どんぐりも楽しみですね。
Commented by goodlifegirl at 2023-10-13 11:27
過去記事の移動遊園地は移動とは思えない大規模でとっても面白そうですね!
なお子さん、富士急ハイランドのお化け屋敷で目を閉じたままだったのですね。私も富士急のお化け屋敷で途中の非常口からリタイアしたのを思い出しました。
100周年記念とは歴史が長いのですね。盛大で楽しそうなイベントいいですね~(*´▽`*)
Commented by ciao66 at 2023-10-13 15:21
ローズヒップのアーチはいいですね♪
小さな虹の様でもあります。青い色が有りませんが・・・
菩提樹の黄葉が見事に色づいて、そちらでは急速に秋は進んでいるという感じですね!
仙台では公園の木々はまだ青々としております。紅葉はいつのことか??
赤い貝殻のような目立つ虫こぶはちょっと珍しいですね!


Commented by milletti_naoko at 2023-10-13 20:48
お転婆シニアさん、そうなんです。
こちらは野山に自生の」イヌバラが多く、テッツィオ山にもたくさんあるのですが、一度凍えるほどの寒さがあったあとに収穫するのだと、「まだ時期が早いなあ」と思っているうちに、いつも摘むことができる時期を逃してしまい、結局店で買ってしまっています。

こんなに色の鮮やかな虫こぶは初めて見たので驚きました!

Commented by milletti_naoko at 2023-10-13 21:12
goodlifegirlさん、今は設置中の移動遊園地を外から見るだけなのですが、今回はこれまでに比べてさらに規模が大きいように見えました。お化けはホラーは幼い頃から苦手なわたしです。なんと同じお化け屋敷で途中で脱退されたとは! やっぱりこわいんですね。

100年前と言うと二つの世界大戦の間で、そんなにも昔に始まったのだと驚いています。
Commented by milletti_naoko at 2023-10-13 21:19
ciao66さん、このイヌバラの枝のアーチ、ちょうど向こうに中心街の町並みが見えるところにあって、いい形をしている上に、春は花咲き秋は実があからんでいいなあと、見るたびにそう思います♪

それが落葉は始まっているものの、まだまだ黄葉している木の方がずっと少ないんですよ。

虫こぶ、鮮やかな色も形も珍しいので驚きました!
Commented at 2023-10-14 12:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2023-10-15 01:45
鍵コメントの方へ

なるほど、確かにそうですね!
by milletti_naoko | 2023-10-12 18:05 | Umbria | Comments(12)