イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖

 昨日は久しぶりに、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の東の湖畔にあるモンテ・デル・ラーゴ(Monte del Lago)の岸辺を散歩して、

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_16454334.jpg
Monte del Lago, Magione (PG), Umbria 12/10/2023

石の浜から沈む夕日を見送りました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_16480460.jpg

 夏の間は、上の地図中❶の地点、つまり駐車場から1kmほど歩いたあたりにある見晴らしのいい石の台に立って、夕日が沈むのを見守っていたのですが、

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_16504481.jpg

今では秋分を過ぎて、夕日が真西よりも南に沈んでしまうため、この石台からは夕日が見えなくなってしまっています。

 そこで、この場所で右手を見て、冒頭の写真の浜には日が当たっているのを見て、この石の浜へと急ぎました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17453026.jpg

 歩きながら後ろをふり返ると、わたしたちの左手後方、木々の向こうに、オレンジ色の夕日が輝くのが見えました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17470104.jpg

 15分ほど歩いて、夕日が姿を消し始める前に、石の浜に到着することができました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17495433.jpg

 右を見やると、北の空はまだ明るく、地平線近くの空がほんのりと茜色に染まり始めたばかりです。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17515979.jpg

 ちょうど日が沈み始める頃に、たくさんの水鳥たちが飛び立って、夕日の前を飛んでいました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17532717.jpg

 風のために波立つ湖面が、夕空の色を映してきらめいています。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17550904.jpg

 夕日が見えなくなったあとも、その上空に上に向かって伸びる一筋の光があり、地平線近くの空はオレンジ色に、たなびく雲は金色に色づいていきます。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_17583919.jpg

 夕日を見送ってから、石台のある展望台に戻ると、ちょうど日の入りの頃だったからでしょう、夕日が沈むあたりの空と雲がまぶしい光を帯びていました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_18125424.jpg

 右手を見やれば、わたしたちが夕日を見送った浜が遠くに見えます。奥に見える白い横長の壁の手前に、その浜はあります。この頃には、北の空の雲も湖も、優しいピンク色をしていました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_18144170.jpg

 桟橋のたもとまで引き返し、その半ばまで歩いていくと、上空の雲は鮮やかなピンクとなり、地平線近くの雲はまだ金色に輝いています。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_18180130.jpg

 桟橋からさらに駐車場の車へと向かうと、桟橋や色づく空が、木々や大きな建物に隠れてしまいます。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_18191161.jpg

 駐車場の前の浜まで出れば、けれども再び桟橋や燃える空が見えるはずです。

 しばらく前までであれば、浜へと歩いて行けた場所にも、今は草や木の葉が茂っています。後ろをふり返って木々の向こうに見える美しい空を見やりながら、駐車場の前の浜へと出られるところを探しました。

桜色に雲燃える秋のトラジメーノ湖_f0234936_18215041.jpg

 すると幸い、1箇所だけ木々の間を通り抜けられるところがありました。湖の水位がかなり低くなっていることを、ここでも改めて感じました。

 浜から桟橋を見やると、たそがれ始めた空の雲がなおもピンクに色づき、その空が波立つ湖面に映って、とてもきれいでした。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2023-10-13 18:25 | Umbria