イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02465768.jpg
 10月28日土曜日の朝は、まずはマルケ州のカステルライモンド(Castelraimondo)を訪ねました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_01324219.jpg
Castelraimondo (MC), Marche 28/10/2023

 2016年のイタリア中部地震で大きな被害があったマルケ州マチェラータ県の村であるカステルライモンドで、なかなか再建が進んでいないということは、事前に調べて知っていたのですが、冒頭の写真に建つ、市民の暮らしにとって大切な村役場でさえ、

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_01474431.jpg

7年後の今も、中に入ることができない状況であることに驚きました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_01501251.jpg

 こちらの鐘楼が美しい教会も、中に入るどころか近づくことさえできませんでした。



 カステルライモンドに行ったのは、夫が多数のスライドフィルムのデジタル化を、村の中心街の写真店に依頼することに決めたので、そのスライドフィルムを店に届けるためでした。(詳しくは上の記事を参照)カスステルライモンドの近くに城があって、その周囲が散歩できると夫は調べていたのですが、写真店の店主によると、地震後は居住不能となり、今も立ち入ることができないとのことです。店のショーウィンドウに、たまたまわたしが行きたいと考えていたピオーラコの緑の散歩道で撮影した写真があり、それで店主に尋ねると、「このトレッキングコースなら、今は修復されていて歩くことができますよ」と教えてくれました。店主も、たまたま店内に居合わせた女性客もとても親切で、「ピオーラコに行くなら、食事はフィウミナータのアグリトゥリズモ、カスタンニャがおいしいですよ。」と教えてくれました。



 そこで、その店で昼食を食べてから、ピオーラコで散歩をしたのですが、カステルライモンドで紹介してもらった店は、なんとわたしたちが2010年6月に、結婚3周年記念の小旅行で、一泊したアグリトゥリズモでした。わたしは名前を聞いて、すぐに「あの宿だ」と分かったのですが、夫は実際にアグリトゥリズモまで行ってみても、まだ思い出せずにいたようでした。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02051005.jpg
Agriturismo La Castagna, Fiuminata (MC), Marche

 手元にメニューはなく、給仕の若者が声でメニューを読み上げたあと、わたしは子羊の肉とカリフラワー、夫はグリル肉の盛り合わせとミックスサラダ、ローストポテトを注文しました。

 ところが、注文を終えたあとで、他の給仕の人が他の客に、「前菜として子羊の内蔵煮込みがあり、クレッシャもありますよ」と言っているのを夫が耳にはさみ、半人前の子羊の内蔵煮込みとクレッシャを追加して注文しました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02160197.jpg

 こちらが、夫が追加注文し、テーブルに真っ先に運ばれてきた子羊の内蔵料理とクレッシャです。実は、この店を勧めてくれた写真店の店主が、この二つが特においしかったと言っていたのです。夫もおいしいと、満足そうに食べていました。わたしは内臓は食べないので、味は見ていません。

 わたしが食べた子羊肉も、とてもおいしかったです。この他、ワイン4分の1リットルと水の大瓶も頼んで二人で合計32ユーロで、肉の量もほどよく、最近旅行先で食べて払っていた金額よりもかなり安いので、懐に優しいので助かりました。ただし、ひょっとしたら、プリモ・セコンド・コントルノをそれぞれ頼んでいたら、水とワインとコーヒーもついて、一人12.50ユーロだったかもしれないという疑問が、レジの近くにあったメニュー表と店のサイトのこちらのページを見て浮かびました。店に行く前にも確認はしていたのですが、「平日の昼食のみ」とのことで、この日は土曜日だったこともあり、わたしたちはフルコースは頼まなかったのですが、後から来た客のほとんどが、フルコースを注文していたからです。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02250357.jpg
Pioraco (MC), Marche

 さて、昼食後、散歩予定の清らかな水が豊かなピオーラコ(Pioraco)に着いたときのことです。「食事をしたばかりだから、30分ほど車内で休みたい」と夫が言うので、わたしはその間、この川のほとりを15分ほど歩いてから引き返すことにしました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02332986.jpeg
https://www.outdooractive.com/it/route/escursione/pioraco/

 こちらの地図やこちらの記事から、歩いてみたいと考えていたトレッキングコース、Sentiero Li Vurgacciには、短距離・中距離・長距離の三つのコースがあることが分かり、わたしは「できれば長距離コース(percorso lungo)を歩きたいなあ」と思って、出発前に上の地図を印刷しておきました。長距離コースでは、ピンクの矢印で示した川沿いの道を歩くのですが、中距離コースではこの道は歩きません。そこで、長距離コースだけに含まれる道を、先に一人で歩いてみようと考えたのです。

 わたしたちがこれまで何度かピオーラコを訪ねたときは、たいてい、岩に築かれた教会のあるすぐ上の写真の川沿いの風景を見ていました。それで、わたしはてっきり、この岩壁の傍らを通る道こそ長距離トレッキングコースの道だと思い込んでいたのですが、この日コースを歩いたあとになって、そして家に帰ってさらに地図で確認して、この日わたしが昼食後に一人で歩いたのは、上の地図の左側に青で示した道だということが分かりました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02462090.jpg

 けれども、出発したときには青空も広がり、下方を見やれば、水鳥たちもいて、

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02465768.jpg

青空と雲が水に映る様子や秋の風情も楽しみながら、散歩をすることができました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02481514.jpg

 ここまで歩いて渡り、引き返そうと決めた橋がなんと口づけの橋(Ponte del bacio)という名だと知って驚きました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02493781.jpg

 橋は長く、二つ目の川の上も通って、向こう岸まで渡っています。橋を渡ったあとは、上の写真の右手に見える緑の土手の上を通って、夫が車の中で休んでいる駐車場へと戻りました。

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02515469.jpg

 時々強い風が吹いて、空を雲が覆ったかと思うと、さらに吹く風で再び暖かい日差しが戻ってきます。前を見やっても、

被災の跡今もカステルライモンド 清き水辺歩くピオーラコ 思い出の宿で昼食_f0234936_02531146.jpg

後ろをふり返っても、流れるように空をゆく雲がきれいで、そんな空の眺めも楽しみつつ、約30分の散歩を終えて、夫の待つ駐車場へと向かいました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2023-11-03 06:40 | Marche