イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06403802.jpg
 10月28日土曜日は、マルケ州の水清く豊かな村、ピオーラコ(Pioraco)で、夫とトレッキングコース、Sentiero Li Vurgacciを歩きました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06054571.jpg
Pioraco (MC), Marche 28/10/2023

 短距離コースを歩きたがる夫を説き伏せて、中距離コースを選ぶと、最初に急な登り道が続いたのでとまどったのですが、おかげで展望台(punto panoramico)から、ピオーラコの町並みを一望することができました。(詳しくはこちらの記事に)

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06125565.jpg

 しばらく眺望を楽しんでから、坂道を下り、

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06134341.jpg

案内標識に従って、Sentiero Li Vurgacciを歩いて行きました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06160981.jpg

 最初のうちは、紅葉したハグマノキ(scotano、albero di nebbia 詳しくはこちらが道端を彩っていたので、紅葉も愛でながら、山道を下りました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06202700.jpg

 左手に見えるのは、老舗の製紙会社、ファブリアーノ社の製紙工場です。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06274264.jpg

 登り道も急でしたが、下り道も急なところが多く、

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06281609.jpg

眺めや黄葉を楽しみながら、下って行きました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06291404.jpg

 下っている途中に分かれ道があり、左に曲がって行けば、50メートル先に天然プール(piscina naturale)があるとのことです。せっかくなので、わたしは行きたかったのですが、「また次回に」と夫が言うので、最初は天然プールには向かわず、ひたすら急な坂道を下り続けました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06323019.jpg

 ところが、急な傾斜を登り続けてたどり着いた展望台から急な道を下り続けて、ようやく清らかな川にかかる橋に到着したものの、橋を渡ることができませんでした。

 前夜の暴風で、近くの木の枝が折れて橋の上に落ちて、欄干がゆがんだり、一部が壊れたりしてしまっています。それだけであれば、渡るのに問題はないのですが、橋の上に落ちた木の枝にはモンスズメバチ(イタリア語名 calabrone、学名 vespa crablo)の巣があり、橋の中央あたりを、たくさんのモンスズメバチたちが飛び回っています。

 そこで、刺されては危険だからと、橋を渡る代わりに、まずは先ほどの天然プールの方へと歩いてみることにしました。天然プールまで歩けば、川の向こう岸に渡れるかもしれないと考えたからです。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06392934.jpg

 ところが、夏にはきっと水泳客も多いであろう天然プール(piscina naturale)は、

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06403802.jpg

風景は美しいものの、川の向こう岸へと渡るすべはありません。上の写真で左手に見える岩へと、夫が飛び乗り、さらに前方の岩へと登っていったのですが、しばらくしてから「向こう岸には行けそうもない」と言って、戻ってきました。

 そこで、もう一度、先の木の橋のたもとまで戻り、地面に長い木の枝が落ちていたので、夫がその枝を拾って橋の上のモンスズメバチの巣を川に落とそうと試みたのですが、巣は動かず、モンスズメバチたちがさらに巣の中から出てきて、夫の方に向かってきます。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06435892.jpg

 そこで、橋を渡るのはあきらめて、来た道を戻って短距離コースの出発地点へと行き、そこから橋の向こう側へと歩くことにしました。

 というわけで、再び急な傾斜を登ってから、下って行くこととなりました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06455258.jpg

 このときは日が差していたおかげで、紅葉がより色鮮やかに見えました。

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06464780.jpg

 岩の急斜面を下り終えてからは、短距離コースの出発地点を目指して、中心街へと向かい、

スズメバチに阻まれ川を渡れず再び紅葉の岩山登り、ピオーラコ Sentiero Li Vurgacci 2_f0234936_06473331.jpg

案内標識に従って、歩いて行きました。実は、上の写真の橋の向こうにいる男性は奥さんといっしょに散歩をしていたのですが、だんなさんが渡ったときには姿が見えなかったモンスズメバチが、奥さんが橋を渡ろうとしたときに、巣からたくさん出てきたために、奥さんは橋を渡れなくなってしまいました。そこで、わたしたちは木の橋のたもとに着いてから、短距離コースの出発地点に行くまでは、この奥さんとずっと行動を共にしました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2023-11-09 06:51 | Marche