イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05155221.jpg
 9月30日土曜日は、夕日にレンガが赤らむチッタ・デッラ・ピエーヴェ(Città della Pieve)の小路を、

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05121870.jpg
Città della Pieve (PG), Umbria 30/9/2023 18:27

西に向かって歩きました。



 ラファエロの師だったルネサンス期の画家、ペルジーノの死後500年を記念する展覧会が開催中だった生地、チッタ・デッラ・ピエーヴェに、わたしたちがこの日着いたのは4時過ぎでまだ日が高かったのですが、展覧会の主な会場である館のほかにも、ペルジーノの描いた作品がある教会などがいくつかあったので、

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05265747.jpg
17:57

館の展示を見たあとで、そういう教会を訪ね歩いているうちに、

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05283765.jpg
18:18

日が傾いていったのでありました。

 このあたりを訪ねたのは、入場券を購入したときに、係の人が地図に印をつけてくれていたのでで、ペルジーノの絵画があるだろうと思ったからなのですが、

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05314500.jpg

地図に印がついていたのは、こちらのVicolo Baciadonne「女性に口づけをしなさい」という名の小路があるためでした。小路が狭く、すれ違う人の唇が触れ合うほどなのでその名があるとのことなのですが、この小路や村の壁沿いの散歩道を目指して、世界中の恋人たちが訪ねてくるのだと、ウンブリア州の観光案内サイトに書かれています。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05385264.jpg

この狭い小路を夫と二人で歩いてみたときには気づかなかったのですが、記事を書くために写真を見返していたら、小路の下方に弓矢を手にしたキューピッドらしい翼のある少年が描かれています。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05411159.jpg

 先の通りに戻ると、夕日に赤らむ鐘楼が向かいの壁の窓にきれいに映っていました。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05421950.jpg
18:29

 このあとさらに西へと急いだのは、最後に訪ねようと考えていた教会が、ちょうど西の端にあったためです。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05443019.jpg
18:35

 教会に到着したのは、ちょうど夕日が山の向こうに沈もうとする頃でした。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05452696.jpg

 風景が茜色に染まっています。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05461673.jpg
18:42

 教会を出たときには、西の空が柔らかなオレンジ色に包まれていました。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05474055.jpg
18:51

 7時半から友人たちと湖畔で夕食を共にする予定だったので、急ぎ足で村の北の端近くに駐車していた車へと向かいました。

 このあとはピンクに燃える雲や雲を映す湖を車窓から愛でながら、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)へと向かいました。

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05511095.jpg
19:37

 湖畔の店に到着したときには、空はもうたそがれていたのですが、

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05523377.jpg

 北西の雲と湖は桃色、

あかあかと夕日に染まる町並みあとにトラジメーノ湖へ_f0234936_05521638.jpg

南西の空と湖は透きとおるようなオレンジ色をしていて、とてもきれいでした。

 ペルジーノの絵画と共に、夕どきの美しい町並みや空、湖も楽しむことができる1日となりました。


Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  


ブログテーマ:溜まっている下書き、投稿してみませんか?
Commented by meife-no-shiawase at 2023-12-06 06:33
トラジメーノ湖。
美しいですね~いつ見ても癒やされます。

それにしてもイタリアの道はとても狭いところが多くて
坂も多いですから運転、大変そうですね。
なおこさんのお写真に車が映っていますが
駐車も上手に道の端っこに車が並んでいたり
縦列駐車が苦手だった私には尊敬です。

よくイタリアが舞台になっている映画では
車が平気で他の車にぶつかりながら走っているシーンが
ありますが、それは普通に日常にあったりするのでしょうか?
流石に映画の中の世界なのかな。笑
Commented by milletti_naoko at 2023-12-06 07:20
メイフェさん、トラジメーノ湖の夕焼け、この日もとってもきれいでした♪
ありがとうございます。

イタリアのこういう歴史的中心街は、住民以外は車では乗り入れられなかったり、
時間制限があったり、入れても一方通行がたくさんあったりして、大変です。
乗り入れられないから駐車場に車を置いて歩くのが結局は一番いいように思います。
わたしも縦列駐車は大の苦手なので、楽々できる人はすごいなあと感心しています。

わたしは他の車にぶつかりながら走っているのを見たことはありませんが、うっかり
駐車場から出すときに他の車にぶつけてしまったことがあり、長い間保自動車険の料金が
高くなって大変でした。駐車場でぶつけてきた車があるのがまれにあっても、ぶつけ
逃げされてしまうのが困ったところです。
Commented by ciao66 at 2023-12-06 08:21
Vicolo Baciadonne! どんな狭い路地にも、ちゃんと
イタリアらしさを感じる名前がついていますね~♪
そこに、キューピッドまでいたとは、気がきいています。

夕焼けは一つとして同じものはなく、19:37だと緑の光も有って、
その次も綺麗な夕焼けですが、すぐに移ろいますね。
そこがいいのですが・・・。
Commented by cut-grass93 at 2023-12-06 08:41
古いレンガ造りの街ですね。
これは維持するのが大変だろうなあ。
この口づけの小路という場所は以前
「小さな村イタリア」で見たことがあります。
多分同じ場所なんでしょうね。

いつ見てもトラジメーノ湖のレストランから見る夕景色は綺麗ですね。
Commented by ririrouzu at 2023-12-06 09:50
トラジメーノ湖の、写真はいつも写されていますが、その時、その時の背景がよく書かれていますので、そこに立っている私が感じられますよ!すっかりこの湖と桟橋は覚えました
外国旅行なんて行けないですが・・・・
貴女は、よく気が付く方のようですが、自分の時間を大切に、お過ごしください
今年もそろそろ終わりに近づきましたね~
by milletti_naoko | 2023-12-06 05:56 | Umbria | Comments(5)