イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

うれしいコーヒー悲しいコーヒー

 バールや宿の朝食で出してくれたコーヒーに、

うれしいコーヒー悲しいコーヒー_f0234936_23104168.jpg
20/9/2022

ミルクできれいな絵が描かれていると、

うれしいコーヒー悲しいコーヒー_f0234936_23131417.jpg
14/9/2021

幸せな気分になれます。

うれしいコーヒー悲しいコーヒー_f0234936_23150259.jpg
19/9/2020

 ミルクがハートを描いているのも、またうれしいものです。

 1枚目と2枚目は、トスカーナ州マレンマ地方の宿の朝食、3枚目はプーリア州の海辺の町、トラーニのバールでの朝食の写真です。


 けれども、わたしは、家でビアレッティの直火式エスプレッソメーカー(moka)を使って、自分たちで入れるコーヒーもとても好きです。コーヒーが沸き上がって、香りが漂い、そうしてあの独特の音がし始めるのを聞いて、ああコーヒーが沸いたのだなあと、待ちながら楽しめる、そういう時間もいいなあと思います。数年前に買い替えたとき、ビアレッティの従来の伝統的エスプレッソメーカーはアルミ製なので健康に悪かろうと、ステンレス製のものを購入したので、上のリンク先には今わたしたちが使っているステンレス製の商品へのリンクを張っています。


 そうして我が家では、夫と二人で飲むときやわたし一人で飲むときには、ちょうど今から10年前から、コーヒーの粉末にシナモンを加えて、シナモン風味のコーヒーを沸かして、楽しんでいます。

 今朝もそうして、いつものようにシナモンを入れてコーヒーを沸かすつもりだったのに、ああなんということでしょう、

うれしいコーヒー悲しいコーヒー_f0234936_23272355.jpg
23/1/2024

コーヒー粉末に加えてしまってから、その香りで、間違ってカレー粉を加えてしまったことに気づきました。

 カレーを作るときにコーヒー粉末を加えると味にコクが出ると言いますが、コーヒーにカレー粉を加えると、味も風味もさっぱりで残念なコーヒーになってしまったのでありました。わたしの場合、家で一人飲むときは、二人用のmokaで一人分を沸かすため、コーヒーの粉末を半分(一人分)にして、水の量は二人分入れて沸かし、さらに黒砂糖と豆乳をたっぷり加えて飲むのですが、それでも、いつもとはまったく違う、がっかりなコーヒー時間になってしまいました。

うれしいコーヒー悲しいコーヒー_f0234936_23314667.jpg

 そもそもシナモン(cannnella)カレー粉(curry)も、どちらも同じ業者、La Drogheriaのものを長い間使っていて、同じ大きさ、同じデザインの容器に入っている上に、同じ香辛料棚に並んでいるのですから、間違えかねない状況にはあるのです。

 けれども、ほぼ毎日使うシナモンに比べて、カレー粉やウコンは使う機会が少ないために、この二つは普段は、棚の右端、作業をする位置から一番遠く取りにくい場所に置いてあって、一方、いつも使うシナモンは、すぐ手に取りやすい位置にあるので、これまではこの二つを取り違えることはありませんでした。

 慣れて無意識に行っている作業であるため、容器を手に取ったとき目で見てしっかり確認しなかったわたしも悪いのですが、それでは今日に限ってどうしてそういう間違いをしたかと言うと、昨日夫が夕食のピザにふりかけようと、オレガノ(origano)を探したときに、奥にあったオレガノを見つけようと、他のいろんな香辛料の入れ物を動かしたときに、普段はシナモンがある位置にカレー粉を置いてしまったからです。

 普段から繰り返し行う動作は、無意識に行えるようになっていることが多いとのことで、それはかつてドナルド・ノーマン著の『誰のためのデザイン? ―認知科学者のデザイン原論』を読んでなるほどと思ったのですが、そのために、いつもと置く場所が違ってしまうと、こういう間違いや失敗をしかねないわけですから、以後は、特に香辛料を手にするときには、しっかりと目で確認したいと思います。

 ちなみに、この本は、わたしは大学の授業の教科書だったのでイタリア語版、『La caffetteria del masochista. Il design degli oggetti quotidiani』を読んだのですが、日々の暮らしやその中における自らの行動、社会におけるさまざまな事故が起こる原因や、日々の暮らしを円滑に営むための道具の望ましいデザインの在り方などが、分かりやすく説明されていて、とても興味深かったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

Commented by koito_hari616 at 2024-01-24 13:55
こんにちは

わぁ~とても凹みますね。。
シナモンの薫り高いエスプレッソが。。カレーの香り
カレーはカレーで良いのですが。。流石に珈琲にはねぇ。。
何気ない習慣って恐ろしいですね
なおこさんは、そんな失敗はない人と思っていますので
私と同じような失敗もされるのだわ。。と、少しウケました
最近はあまり失敗はないのですが。。。💦

Commented by ciao66 at 2024-01-24 17:52
それは残念でしたね!
カレーとコーヒーはとても合いそうにも有りません。
想像することも難しい・・・

パッケージが似ていて場所が入れ替わっていれば間違いますよね。
犯人?はそのつもりはなかったのでしょうが・・・

さて、リンクのコーヒーメーカー、良さそうですね。
いつもはペーパーのドリップなのですが、これ検討してみたいです。
Commented by pothos9070 at 2024-01-24 18:12
なるほど…
私も普段、自動的に行ってしまっている行動ってのが
幾つもありそうで、一度チェックせねばと思いました。
カレーもコーヒーも大好きですが、コーヒーの中に
カレー粉が入ると、なかなか難しいお味になりそう(・・;
そう言えば昔々、私が小学生のころ、父親がウイスキーを
飲む時に砂糖を入れたつもりで、ドッサリ塩を入れてしまって、「辛い~~~!」と大声を出したのを思い出しました(笑)
たいして吞めもせんくせに、無理するからじゃ~と心の中で思っていました^^;
Commented by milletti_naoko at 2024-01-24 19:32
結うさん、こんにちは。
カレーはおいしいけれど、コーヒーにはさっぱり合わないので
悲しかったです。
いえいえ、わたしはうっかりして、あれこれやらかすことが
多いんですよ。先日も傘の袋をスーパーに忘れてきたばかりですし。
Commented by milletti_naoko at 2024-01-24 19:53
ciao66さん、まったく合わずにとんでもないコーヒーに
なってしまいました。やれやれです。

ははは、犯人には間違えてカレー粉を入れてしまったことは言っていません。
言ったら「ぼんやりしていて、よく見ないからだよ」と言われるのが
確実だからです。

ビアレッティはこのコーヒーメーカーを発明した業者です。
数年前に買い替えたとき、アルミは体に悪かろうと、ステンレス製のものを
買って使っています。https://amzn.to/3Ofnb8v

円安のためもあるのでしょうが、以前に比べてかなり値上がりしているので
びっくりしました。ちなみに、同じ製品でも色違いだとかなり安くなっていて
不思議です。
Commented by nonkonogoro at 2024-01-24 20:35
私の初めての カフェラテアートは
長崎で 「坂本龍馬の顔」でした。
素晴らしい出来栄えでしたよ。

このアートは イタリア発祥なのでしょうか?

カレー粉入りのコーヒーは 世界にただひとつ~
かもしれませんね。

私は 同じ容器に入れている 砂糖と塩を
年に一度くらい間違えます(笑)
別の容器に入れようかなとも思うのですけれど。。。

容器が同じだと どうしても間違えますよね~
Commented by katananke05 at 2024-01-24 22:07 x
私は外で飲むコーヒーは好きですが
家では もっぱら カフェインレスの ネスカフェなので本当のコーヒー好きとはいえないかもです〜
でも 美味しいコーヒーはすきですよ〜 ただ 家では午後からは紅茶です〜
だから 出かけた時以外は1日 1ぱいしか 飲まないかも、、
粉をかっても すぐにダメにしてしまうので 最近はこな、、とか かわないです〜
コーヒーは語る資格ないです〜

外では カプチーノがすきですよ〜
Commented by noemi at 2024-01-25 07:27 x
カレー粉ではないですが、主人のカフェラテに間違えて塩をたっぷり入れてしまったことがありました。
主人が飲んで叫ぶまで私は全く気づかず‥
それ以来、我が家の砂糖は茶色のものを選んでいます。
Commented by GHQ1954 at 2024-01-25 10:21
こんばんわ
薫り高いエスプレッソは自宅でもできますよ
ただしどこまで機材に投資できるのか また置き場所にも問題がありますよね
結構大きな機材なので 台所は狭くなります
でも 毎日飲むコーヒーが楽しくなります
我が家でも 家内がのめり込んで数年前から自宅でコーヒー入れています
我が家でできないのは焙煎だけ 生のコーヒー豆買ってきて 焼く というもやりたいのだが
何せ場所がない 一部屋占領する感じ 今もこれは無理だとあきらめている
それ以外は 好きなコーヒーや薫り高いエスプレッソは我が家で作っては飲んでいます
私の以前の昔のプログにも何度か載せましたが かなり大きく高価になりますが・・・・
https://kurihara19.exblog.jp/31751017/

https://kurihara19.exblog.jp/31728145/

https://kurihara19.exblog.jp/31728077/
コーヒー好きがどこまで行くのかにもよりますよね投資も半端ない金額になりますからね
でも毎日のコーヒーがとってもおいしくなります
自宅で飲むコーヒー ここではコーヒーですがお茶でも紅茶でも同じこと
どこまで割り切れるかですね おいしく飲むのにはそれなりの努力も必要
もちろん失敗もあるでしょうが そこは愛嬌ですよ
Commented by milletti_naoko at 2024-01-25 17:01
ぽとすさん、日常繰り返す動作はいちいち頭を使わずに、さっと
体が動いて行動して営める部分も多いので、ガスコンロや部屋の電気
のスイッチの位置なども、考えたりせずに自然に分かるような配置にして
人に優しい暮らしの中で使いやすいデザインにするべきだということも
書かれていて、楽しみながら読みました。だからこそ、ちょっと途中で
誰かに話しかけられたり、他のことが入ると、おかしなことをしでかしたり
してしまいがちになるので、おっしゃるように要注意というかチェックも
時に必要かもしれません。

香りも味もとても残念だったので、2度とこういう間違いをしないように
気をつけます!

ウイスキーにたくさんの塩! それはお父さまも残念がっていらしたことでしょうね。
Commented by milletti_naoko at 2024-01-25 17:08
のんさん、なんと坂本龍馬の顔がミルクで描かれていたとは
独創性もあって、すごいですね。
ラテアートという言葉、初めて知ったのですが、どうもイタリア語でも
なぜか英語とイタリア語混じりのlatte artというようですね。
調べてみたら、イタリアが発祥のようです。

塩と砂糖は見かけも似ていますから容器が似ていると間違える
引き金になりやすいですよね。一方の容器をまったく違う色の
リボンや紙で包んでみるというのはいかがでしょうか。
Commented by milletti_naoko at 2024-01-25 17:18
katananke05さん、人それぞれに好きなコーヒーの好みや飲み方が
ありますよね。紅茶をたくさん飲まれるのであれば、カフェインの
摂取量を抑えるにも、コーヒーはカフェインレスにするというのはいい
考えだと思います。わたしも可能な限り、家でも外でも牛乳や
豆乳を入れてもらったり自分で入れたりしていて、黒砂糖もたっぷり
入れているので、コーヒーそのものが好きとは言えないようにも思います。
そうやって甘くしたコーヒーは好きなんですけれども。

カプチーノ、おいしいですよね♪
Commented by milletti_naoko at 2024-01-25 17:26
noemiさん、砂糖と塩の間違いもよくありますよね。
カフェラテにたっぷり! それはだんなさま、ぐいと飲まれて
驚かれたことでしょう。わたしも何かの料理中に間違えてしまい、
なんとか他にあれこれ加えてごまかしたことをぼんやりと覚えています。

色が違うと間違いもありませんものね。わたしも花粉症の症状を
和らげるために、黒砂糖を使っています。と言っても、茶色と
ベージュの中間のような色なのですけれども。
Commented by milletti_naoko at 2024-01-25 17:29
GHQ1954さん、こんにちは。ありがとうございます。
もともとこのビアレッティのコーヒー沸かし器は、家でも
おいしいエスプレッソが飲めるようにと考案されたもので、
イタリアではおいしいエスプレッソ用のコーヒー粉末もたくさん
様々な風味や香りのものが売られているので、手軽においしく
家でも飲むことができるんですよ。
Commented by meife-no-shiawase at 2024-01-26 10:25
あらーーーーー。
同じ香りものとしてもさすがにちょっと残念。
画像からカレーの香りがしてきそうでした。笑。

でもとっても不思議なのですが、私はカレーを食べた後は
必ず、もう必須でコーヒーが飲みたくなります。
でもコーヒーにカレーはちょっと・・・ですね。

シナモン。昔から大好きですが特に最近は良く使っています。
日本で先日行ったイタリアンのお店で、フッワフワのフォカッチャに
たくさんのシナモンシュガーがかかった一品が出てきました。
とっても美味しかったですが、イタリアの本場でもこうやって召し上がるのかな―?なおこさんに聞いてみようって思っていました。
Commented by milletti_naoko at 2024-01-26 16:57
メイフェさん、なんともがっかりなコーヒーになってしまいました。
カレー粉だけ取り除いてしまうこともできたのですが、コーヒー粉末も
いくばくかはいっしょに取り除くことになるので、他のいろんなものと
混ぜるから影響は少ないかもと思ってそのままにしたら、それでも
とんでもない味でした。メイフェさんはカレーの後は必ずコーヒーを
飲まれるんですね!

シナモンは実はわたしは日本に暮らしていた頃は苦手だったのですが、夫が
好きで、イタリアでも特にリンゴなどの食材といっしょにデザート作りに
使われることも多く、今では色も香りも好きになりました。

フォッカッチャに砂糖をかけて食べるというのがそもそも独特で、
たまにデザートとしてピザやフォカッチャにヌテッラのクリームを
かけたものが出てくることがあるのですが、まれなので、きっと
そのお店独特のものではないかと思います。
by milletti_naoko | 2024-01-23 23:49 | Gastronomia | Comments(16)