イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し

6月に夫や友人たちと、長距離周遊トレッキングコース、Via dei Tusci「エトルリア人の道」を歩くことになり、

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23164078.jpg

日曜から夫と案内書や地図、宿泊施設などの一覧表を参照して旅程を立て、トレッキング中に泊まる宿を選んで、連絡を取り、予約を進めている最中です。

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23210701.jpg
Tenaglie, Montecchio (TR), Umbria 13/4/2024

 4月13日土曜日に、1週間前に訪ねたばかりのオルヴィエートに再び行ったのは、実は、このトレッキングコースの案内書や地図、通行証を唯一店舗で購入できる店が、オルヴィエートから車で約15分の村、テナッリェ(Tenaglie)にあるからでした。

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23264507.jpg

 これが、その店の近くの壁に掲示されていたトレッキングコース、Via dei Tusciの地図です。

 日曜に登山から戻ってから、夫が案内書を参考に、距離や通る市町村の説明から、巡礼の日程を決め、以後は日曜は二人で、昨日からはもっぱらわたしが中心になって宿を決めていっています。上の地図中、ピンクの四角で囲んでいるのが、わたしたちが宿泊することにして、すでに宿を取ったところです。一覧表にある宿に問い合わせても電話やメールへの返事がないために、とりあえずホテル予約サイトで、数日前までなら無料でキャンセルできる宿を押さえたところも二つあります。

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23322482.jpg
Civita di Bagnoregio visto da Lubriano (VT), Lazio 25/6/2023

 周遊コースでめぐる土地の中で、最も有名だからでしょう、案内書も地図も、表紙はチヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)になっています。ちなみに、日本語では最も通用していると思われるこのカタカナ表記は北イタリアの発音で、中部イタリアおよび伝統的イタリア標準語の発音では「バンニョレージョ」に近い発音となります。この発音の違いに興味のある方は、イタリア語学習メルマガ第19号の一つ目の記事の後半をご参照ください。

 上の写真は、昨年6月、ボルセーナ湖に向かう途中に、ルブリアーノ(Lubriano)で撮影した写真です。周遊コースでは、上の写真で右手にかかる橋を渡って、「死にゆく町」(la città che muore)と呼ばれるチヴィタへと登り、チヴィタを訪ねたあと、上の写真でチヴィタを頂く崖の下方に見えるジグザグの坂道を下り、

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23440125.jpg


再び坂道を登って、ルブリアーノまで登ることになっています。

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23385762.jpg
Lubriano (TR), Umbria

 全90kmの道を5日間で歩くと聞いていたのですが、遠回りをせずにコースを一周するのに必要な道だけを歩けば、74.6kmとなり、わたしたちの立てた計画では、1日に歩く距離が13kmから16.2kmになったので、ほっとしています。かつては巡礼や長距離トレッキングで、山を越えながら毎日約20km歩いたり、時に山、時に平地を毎日約30km歩いたりしたこともあるのですが、最後の巡礼は2014年で、以後は、2年立て続けに左右の肩が癒着性間接包炎を患ったり、仕事を離れられなかったりして参加できず、新型コロナウイルス感染症感染拡大のために旅行が難しくなったりして、もう長い間、数日間リュックを背負って歩く旅を経験していません。この10年の間に、皆、年を重ねました。標高がそれほど高くないため、6月はかなり暑くなるでしょうし、丘を登ったり下ったりするために、標高差がかなりあり、また、重い荷物を背負って歩く必要があるので、このくらいの距離が、観光も楽しみながら無理をせず歩くのにちょうどいいように思います。

エトルリア人の道 Via dei Tusci を歩くための訪問と宿探し_f0234936_23493796.jpg

 巡礼ではないので、巡礼証ではなく、「通行証」と呼ぶべきでしょうか。こちらが宿でスタンプを押してもらって、最後に証明書を発行してもらうために必要なcredenzialeです。

 実は他にするべき急ぎの仕事もあるのですが、明日は授業もありますし、6月のバーニョレージョは観光客が多いようで、もう8割かた宿が満室であるという状況なので、できるだけ早く全行程の宿を決めてしまうつもりでいます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2024-04-16 23:52 | Viaggi