イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

一山越えてうれしい仕事もトレッキングも

一山越えてうれしい仕事もトレッキングも_f0234936_23504619.jpg
 わたしたちは5日間で歩いた長距離周遊トレッキングコース、Via dei Tusciの5日目、最終日だった6月8日土曜日は、

一山越えてうれしい仕事もトレッキングも_f0234936_23324990.jpg
Panorama visto da Bagnoregio (VT), Lazio 7/6/2024

バニョレージョ(Bagnoregio)から坂道を下って橋まで行き、橋を渡ってチヴィタ・ディ・バニョレージョ(Civita di Bagnoregio)まで登り、チヴィタの斜面を、谷間に川が流れる位置まで下っていき、さらに上の写真(前日にバニョレージョの展望台で撮影)でチヴィタの左手、向かいの崖の上に見えるルブリアーノ(Lubriano)まで歩いて登らなければいけませんでした。



 この日は最高気温が35度に達するという予報が出ていた上に、朝8時までに切符売り場の前を通り過ぎれば5ユーロを払わずにチヴィタに行けるらしいと聞いていたので、朝7時半にバニョレージョの宿を出発したのですが、それでも

一山越えてうれしい仕事もトレッキングも_f0234936_23504619.jpg
Castiglione in Teverina (VT), Lazio 8/6/2024

最終目的地のカスティッリョーネ・イン・テヴェリーナ(Castiglione in Teverina)がようやく見えてきたときには午後1時を過ぎていたため、太陽が照りつけていました。炎天下、日陰のない道を下り、さらにカスティッリョーネの中心街まで登らなければいけなかったので、ようやくコースを終えることができたときには、本当にほっとしました。

 話は変わって、すでに今年3月に一度仕事を受けたことのあるペルージャのとあるお役所から、日本への帰国が迫った5月になって、再び翻訳を依頼したいという連絡がありました。帰国前の準備もあり、ちょうどこれもまた飛び込みで入った別の仕事もあり、出発前は慌ただしかった上に、日本から帰ってすぐにこの長距離トレッキングに出かける予定もありました。それで、今回は帰国を控えていて難しいので他の方にお願いしてくださいと断ったのに、結局提出は6月下旬でもいいですからと言われて引き受けることになった翻訳の仕事を、先ほどようやく提出して、ほっとしているところです。

 翻訳の仕事を優先して後回しにしてしまった帰国前日の仕事の報酬の請求や、寄稿記事の執筆、昨年分の税の申告、家事がまだ多々ありはするのですが、とりあえず一山を越えてほっとしているところです。

*追記(7月10日)
 ようやく時間ができて、チヴィタ・ディ・バニョレージョの崖の斜面を下った日の記事が書けたので、その記事へのリッチリンクを、記事の中ほどに参考のために添えてみました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:今日いち「ハピネス」だった事
by milletti_naoko | 2024-06-23 00:12 | Via dei Tusci